2011年7-9月期アニメ評価(1)花咲くいろは

評価項目は、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の主催によります。 ・花咲くいろは 25話すべて視聴しました。(2クール) ストーリー:4点  金沢の旅館を舞台にしたドラマ仕立てのストーリーでした・・結局誘致キャンペーンという名目で終わりましたね。 キャラクター性:4点  緒花のキャラは、なんか熱血少女っていう感じがしました。性格が、あの日奈森あむとうりふたつの様な気がしました。 画:4点  チバテレビの地デジで録画しました。(途中よりMXに変更)細かいところまで行き届いていたので文句はありません。 演出:3点  とにかく、地元の企業P.A.WORKSでしたからねえ。まあ所々演出にむらはあったものの全体としては良くまとまっていました。 音楽:3点  すべてNano.Ripeが手がけた曲でしたね。結局、ワンマンショーよがりになってしまい、肝心な他の歌手(スフィア)が薄れてしまいました。 総合的な評価:4点  金沢まで行ったかいがあったので、点数を高くしました。まあ、湯涌温泉は高いので行く人は覚悟した方が良いと思われます。 合計:22点 輝いていた人:松前緒花(伊藤かな恵)  伊藤かな恵枠維持に適したアニメでしたね。点数は、70点(100点満点)でしたね。主役があったらまた見てあげます。 ベストエピソード:なし コメント  P.A.WORKSのつくった地域密着型アニメ。アニメと言う…

続きを読む

花咲くいろは 第26話 (最終話) 花咲くいつか 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第26話 <感想>  ぼんぼりまつり本番。それぞれの夢を胸に、ぼんぼりまつりを楽しんでいた。  緒花は、孝ちゃんと再会。そして告白した。徹さんの後ろについていく、民子。ぼんぼり祭りは大成功に終わった。  終了後のミーティング。スイの喜翆荘は幕を閉じることになった。そして、縁がいったん閉めて、あたらしい喜翆荘をつくると張り切っていた。  緒花は、孝ちゃんと一緒になることができたようだ。しかし、寝床は、菜子と一緒だった。  朝、喜翆荘を見上げた3人は、きっとまた、この地で働くことを夢見ていた。いよいよクローズの日、喜翆荘は文化財として保管することになったようだ。  あのときの、仕事ぶりがよみがえる喜翆荘の中、緒花は時間があったため、床の掃除をしていた。そして、緒花はスイの業務日誌を受けついだ。  それぞれの進路以下のとおりだった。・  縁・川尻・・ふくやへ就職。  徹・民子・・金沢近江市場へ就職  孝一・緒花・・一緒の学校へ転校    それぞれに旅立っていったようだ。まあ、展開としては予想通りだったようです。 リアルに描いたドラマでやってほしいなあという気がしますが、なにせ舞台が金沢ですからね。観光誘致としかいいようがなかったようですな。 <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)伊藤かな恵・・いよいよぼんぼりまつりの準備も絶好調に進んでい…

続きを読む

花咲くいろは 第25話 私の好きな喜翆荘 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第25話 <感想>  ぼんぼりまつりの準備に追われていた緒花たち。ところがお客の予約が多すぎて対応できないことがわかったようだ。ぼんぼりまつりだけはしっかりやってほしい。とスイは忠告した。  緒花は、民子に後がないことを知ったようです。菜子が緒花に来て一緒に寝たようです。って、民子は入らないような気が・・。  朝、徹さんが忠告した。これは、民子にホビロンといわれそうだな。  朝食はバイキングだった。客の反応は上々だったが中には部屋でというひともいたようだ。  お椀が出ていないということで争いになった料理場・・なんとか次郎丸さんが止めたようだ。  菜子は、女将さんのほうに向いていることを思っていたようだ。  ぼんぼりまつり前日・・。結名がきたが、そのとき、巴が料理を運ぶ途中で怪我をしたようだ。菜子は、喜翆荘が好きなんじゃないかとみんなのこと言ってモチベーションをあげたようです。そのとき皐月さんが帰ってきた。助っ人登場っていう感じです。  ぼんぼりまつり当日。かなりいそがしかったようだ。今日は仲居いえラスボスということで、ややよろけても、仕事はつづけなければならないのだ。  いよいよぼんぼりまつり本番!その姿は壮大なものだった。  全編通してぼんぼりまつりの宣伝でしたね。 <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)伊藤かな恵・・いよいよぼんぼりま…

続きを読む

花咲くいろは 第24話 ラスボスは四十万スイ 【伊藤かな恵さんの仕事】

<この記事は、金沢旅行記が掲載されています。(画像あり)> チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第24話 <感想>  「孝ちゃんに・・ぼんぼりまつり来てほしい・・。」 緒花はこう言って、頼み込んだ。そして、高速バスで帰っていった。  民子は、喜翆荘を閉めるということで、徹さんとついていくというしぐさを見ているようです。  皐月さんの計らいで、旅の雑誌にはいい記事が掲載されたようです。旅館の予約は殺到したが、スイがぼんぼりまつりで閉めるということをかたくなに言っていたようです。  お風呂に入ったときスイが入ったらすぐに出てきた。  9日の予約を次郎丸さんがすることに・・。スイのことを聴かなかったようです。  喜翆荘を閉めるのは、スイの希望だった。しかしそのとき、スイが倒れてしまった。閉じたい理由は、皐月さんがあとを継がないからです。皐月さんにいったのは、次郎丸がつぐということだった。  ぼんぼりまつりを手伝わない喜翆荘に旅館組合は、激怒・・それをかってでたのは、緒花だった。  まあ、今回はぼんぼりまつりの宣伝でした。すでに応募は締め切っているのに・・。でも、日奈森あむが好きな二階堂先生をうばっちゃおうかなあとちょっと思っていたかもしれない。   <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・ロウきゅーぶに出演している梶さんとあった。気持ちを伝えたかったようだ…

続きを読む

花咲くいろは 第23話 夢のおとしまえ【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第23話 <感想>  旅館を閉めることになり、スイが緒花のお母さんである皐月にあって話をしてくるようにと言われたようです。川尻さんと一緒に行ったようです。  一方、孝さんとあったのは皐月だった。それは、緒花さんのことを振っているかどうかだった。  川尻さんと緒花さんの話・・。お互いに、話す姿・・なぜ喜翆荘で働くのかということについてだった。  東京駅についたが、財布をすろうとしたひとを川尻さんが発見した・・手柄を立てたようです。  一方、皐月さんが孝さん見せたのは、喜翆荘の宣伝ビデオだった。思った孝さんはバッタリと緒花さんと会った・・いいところで終わるなあ。  二人は一体どうなってしまうんだろうか・・、この流れだと一緒になってしまった方がいいかもしれませんね。 <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・天野みちこから、マリナ・イスマイールと一緒に東京へ行って欲しいということを受けた。なにせ「機動戦士ガンダムAGE」が10月から放送されるそうで、その付録で付いていくことになった。(って、新シリーズだから出るわけはないが、前作との引き継ぎだった)  そして、はくたかに乗って行った。おとめ妖怪 ざくろの花桐丸竜である梶さんに逢いに行ったようだ。  東京駅に着いた、スリの瞬間をマリナ・イスマイールが発見!狙い撃つぜ!ということ…

続きを読む

花咲くいろは 第22話 決意の片思い【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第22話 <感想>  いよいよ結婚式・・準備はちゃくちゃくと進んでいたようです。しかし、あの民子がやはり気になります。徹さんと付き合え!と強制する民子でしたが、徹さんの本音で吹っ切れたようです。っていうか最初から話せばよかったようですが・・。  そのおかげで、仲直りできたようです。民子がウエディングドレスを着て、やはり思ったんでしょうね・・徹さんとね。  当日、結婚式は、盛大におこなわれめでたく終了・・。その夜、スイから重大発表が あったようです。それは、看板を閉めることだった。って、もう、年なんだし、いったいだれに継がせるのかよく分からないからだと思うのではないでしょうか?このままだとこの話、「インフィニットストラトス」のように話がミエミエになる可能性が高くなってくるぜ。   <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・結婚式の準備は進んでいた。なにせガンダム00のマリナ・イスマイール(恒松あゆみ)とパトリック・コーラサワー(浜田賢二)という史上最大のビックなカップルだけあり、気合いが入っていた。  ウエディングドレスはToloveるのメンバーで完成した。試着してみたのは、先週いっていた、結婚が早いと思われる豊崎さんだった。やはり、ダイナマイトボディがすごかったようだ。でも、戸松さんも本音は着てみたかったらしい。  いっぽう…

続きを読む

花咲くいろは 第21話 蘇る、死ね 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第21話 <感想>  川尻さんと四十万さんが結婚することになった。その料理をしきるのは徹さんだった。民子も張り切っていた。  結婚ということば・・たぶん民子は理想とのギャップというものを感じたんだろうか、 徹さんとつきあってあげてと言った民子・・。どうやら、徹さんに、好きということがいえなかったようです。「徹さんがすきなんじゃないか?」ということに火をつけたようです。  結婚式の準備・・ウエディングドレスを製作することになったのは結名だった。この3人かなり仲がよすぎるぞ。  しかし、川尻さんは、不安だった。そこでスイは、他界した夫から結婚でもらった指輪を差し出した。それは、喜翆荘の歴史がつまったものだった。親からも頼み込んでやっと結婚式への準備が進んで言ったようです。  結婚という言葉には、いろいろな意味がありますが、まあこれでめでたしとなるんですが、一方の民子の行動・・徹さんとの不安を緒花にぶつけるとは・・来週はどうなっちゃうのかなあとおもいました。   <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・ガンダム00のマリナ・イスマイール(恒松あゆみ)とパトリック・コーラサワー(浜田賢二)が結婚したようだ。同じ番組で共演し、ついに一緒になったみたいだ。  それでは祝わないと、伊藤さんも小見川さんも喜んでいた。特に伊藤さんはセイクリ…

続きを読む

花咲くいろは 第20話 愛・香林祭 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第20話 <感想>  いよいよ学園祭・・緒花はオムライスのことで頭が離れなかった。しかし、民子は、ひとりでやることを突き進んだ。菜子は、クラスメイトに説得されて、民子のことをサポートしに・・。すると菜子が民子に言ったのはお昼にオムライスを作るということをリクエストしたようだ。  実は、お母さんと一緒にいった洋食屋さんで作っていたのを見たのがきっかけだった。作れない理由は、火力がたりないからだったようです。その代替としてケチャップライスかチキンライスがいいかと・・。結局は、ライスは、チキンピラフにしたようだ。  しかしホットプレートを使って作るとなると難しいがなんとかできるようになった。 緒花さんは食べる側でしたがそうとう苦しかったようですね。  そして学園祭・・それは姫カフェだった。オムライスに書いた文字は「LOVE」だった。  徹さんが来た・・オムライスを注文したのだが、書いた文字のハートが大きかった・・民子くん、さすが恋をしているようだな。   <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・小見川さんがオムライスを作らないということをちょっと考えてみた・・。伊藤さんは、思いを寄せる声優さんにどうしても作ってあげたいと思った。豊崎さんはほかの声優さん(たぶん寿美奈子:出演せず)に言われて、仲直りのサポートをしてあげたらといわ…

続きを読む

花咲くいろは 第19話 どろどろオムライス 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第19話 <感想>  緒花のクラスで、文化祭でカフェを出店することになった。その中心人物は結名と民子だった。  しかし、菜子のクラスは美術の展示だった。ちょっとものたりないようだ。  民子は料理のリーダー。結名は衣装リーダーだった。  緒花の衣装・・本当に萌えだな・・。しかし、もっと見てほしいのは結名だった。料理では、はじめは、オムライスをいれてほしいといったがいれなかった。それは、この調理器具では、作るのがむりとのこと。  ついに決裂してしまった民子・・この話・・来週に続くの?これ!・・今日は終わるか・・。   <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・かつて在学していたAMGの発表会での出し物を考えていた・・ってもう卒業しているじゃん!ではなくて、OGとして発表することになった。現役のAMGの学生で結成されたR-15らぶに負けないようなことをしてやろうと考えたのは、萌えカフェだった。  料理を担当するのは、小見川さんだった。「板場の修行~」ということで、満場一致で決まったようだ。一方、メ●ド服の製作担当は戸松さんに決定。さすがプロモーションビデオを大量に作っているだけ、センスはバツグンであった。  本来であれば来海えりかも来て欲しかったが、今回は、小見川さんの活躍に見込んで、「夏のあらし!」の嵐山さんに手伝ってもらった。カヤさ…

続きを読む

花咲くいろは 第18話 人魚姫と貝殻ブラ 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第18話 <感想>  菜子の家族は大家族・・毎日子供の世話をしているという。ある日、給料を多くもらい大喜び?していた。そこで、みんなが、服などを買いに行ったようです。  菜子は、見た目は地味だが、結構、大胆なダイナマイトボディだった・・。自分は変わらないとということで、人魚姫の主役のように泳いでいきたいという思いがあったようだ。しかし、なぜ自分が、みんなより多くもらったのか・・理由が分からなかった。  女将にきいてみると、お客さんの反応がよかったという理由だったようだ。まあ、一時的ではあるが、菜子は自信をつけたようです。  喜翆荘の人たち・・相当悪ふざけし過ぎないじゃないかなと思いました。     <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・今月、給料をもらったが、少なかった。原因は、ア●レコで失敗してしまったことや、ユーザさんからのクレームがあったようだ。(ってなにかというのは分からないけど)、毎回の貪欲さが裏面に出たようだ。一方、豊崎さんは、けいおん!での平沢唯の活躍や、神のみぞ知るセカイの長瀬先生役で、かなりの反響を生み、ぐんと上がったようだ。彼女には、夢があった・・人魚姫の主役になりたいこと・・。伊藤かな恵を越えてみたい・・ってもう越えているのに今度は主役に返り咲きたいことを思っていた。  共演したことのある戸松遙さんが誘い、もら…

続きを読む

花咲くいろは 第17話 プール・オン・ザ・ヒル 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第17話 <感想>  湯乃鷺のPR映画は着々と進んでいたようです。しかし、ある日、プロジェクトの中止の電話が来てしまい、事態は深刻になったようです。  そもそも、そんな詐欺って、分からなかったのでしょうかねえ・・。まあ、契約書も交わしていたんだから仕方のないことでお気の毒です。  一方、プールが復活・・。最初に飛び込んだのは、意外にも、次郎丸さんと川尻さんだったようです。でも、川尻さんって結構大胆だったぜえ。   <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・映画の撮影も快調だった・・しかし、制作元の青○プロのトラブルにより、制作は中断となってしまった。結局、声優さんの確保やお金の問題で、中止をせざるおう得なかった。  しかし、伊藤さんは諦めてはいなかった・・。戸松さんが「一緒に共演したではなイカ」ということで、立ち直ったようだ。豊崎さんも考えは一致していた。  一方、夏目友人帳の的場くん(諏訪部順一)が、はなまる幼稚園の西風先生(恒松あゆみ)のことをかばって一緒にプールに飛び込んでしまった。先生は大胆だった。  それを見ていた、伊藤さん・・「私もプールに飛び込みたかったなあ。勝負の○着をしてきたのに」と悔しがっていたようです。いえ豊崎さんも聖痕のクエイサーである山辺さんで飛び込みたかったなあと思ったようだ。    今回、詐欺に…

続きを読む

花咲くいろは 第16話 あの空、この空 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第16話 <感想>  湯乃鷺のPRをしようと、まずイメージアップをする方法を考えた。それはプールを蘇らせることだったようです。  一方、喜翆荘では、映画を作りたいと監督がやって来て交渉・・。則座にOKをした。その中心となるのが次郎丸さんだった。  その映画とは、主演する人たちは地元で固めてほしい。脚本は、次郎丸さんが書くというものだったようです。しかし、他の旅館も協力するといったが断ったようです。  喜翆荘の仲居さんたちは、役が楽しみと大張り切りしていた。そして当日、俳優とともに撮影がおこなわれていた。撮影は順調で、休憩中の俳優さんは、けっこう女将の接客にほれぼれしていたようです。  次郎丸さんには、学生時代小説を書くことがあった。処女作は、スク水関係だったようです。それを察しているかどうかは定かではありませんが、緒花が一生懸命プールを掃除して蘇らせていたようです。  話は。2つにわかれていましたが、結局、次回は完成した映画なんでしょうかね・・。   <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・ある日、映画のオファーがあった。その映画は、どんな物かはわからないが、いま仕事をしている旅館のものが主体であった。  それを聞いた、豊崎・小見川・能登も大喜びしていた。何をやるんだろうとみんなはこんな風におもっていた。 *伊藤かな恵:日奈森あむ…

続きを読む

花咲くいろは 第15話 マメ、のち、晴れ 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第15話 <感想>  旅館のバイトの人たちは、結局やめることになった。ピンチのときに手伝いをしたいと言い出した緒花・・。  お土産屋にてやめた人を発見した。そのとき、緒花の仕事魂に火が付いたようです。  ついに手伝いをすることになったが、従業員が頭をさげる始末・・。そのとき、民子と菜子が手伝いに・・。って話ができすぎているぜえ。  お人好しだねといった結名・・。お嬢さまなので、仕事をした事がないというコンプレックスが、合ったようです。しかし、番頭さんの心は、緒花に傾いていたようです。  女将になる気にさせた番頭さん。少しは、結名にやる気を持たせたようですな。   <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・アニメに出演するはずの新人無名声優たちがやめていった。原因は、とある青○プロのひとたちのトラブルがあったようだ。ギャラはすくなく、仕事もきついということをいっていたようだ。その人たちと旅行先とバッタリあってしまった。それを聞いた、伊藤さんの貪欲さに火が付いてしまった。  アニメの製作会社では、声優の不足が深刻となっている中、代役はいないのかといったその時、「私やります!」と出てきたのは、伊藤かな恵だった。「主役をやらせて下さい」といったのは、やはり声優アワードを取っているからだ。しかし、今回はちょい役だった。  キン肉マン…

続きを読む

花咲くいろは 第14話 これが私の生きる道 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第14話 (主題歌が変わりましたので、再度情報です。) 放送:チバテレビ 7/3 25:30~←対象 キッズステーション 7/6 23:30~(リピート有り)←対象(時刻変更) ニコニコ動画 7/10 更新予定 公式ページ: (ポニーキャニオン)http://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/ (読売テレビ)http://www.ytv.co.jp/hanasakuiroha/ ・映像フォーマット  16:9 1125i ハイビジョン ・字幕放送(チバテレビの場合)  なし ・時刻表示  なし ・歌詞表示  なし ・エンドクレジット方式  スタンダード方式 ・原作・アニメーション制作  P.A.WORKS ・シリーズ構成  岡田麿里 ・監督  安藤真裕 ・コピーライト表示   花いろ旅館組合 <主題歌情報>  OP:「面影ワープ」/nano.RIPE ランティスより8/3発売 ED:「はなさくいろは」/クラムボン ランティスより8/24発売 <ここまでのインプレッション> ・主題歌のやる気度:3  スピード感をそのままに・・まあまあです。 ・本編:3  安定感があり、話にもついて行けています <感想>  今日は、高校の修学旅行。この回は水着回ですで、結構みんな可愛かったですね。とく…

続きを読む

花咲くいろは 第13話 四十万の女 ~傷心MIX~ 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉・TOKYOMX 連続テレビ小説シリーズ 第13話 <感想>  皐月が喜翆荘にやってきた。我が家に帰って来たようだった。 やっぱり親子でしたねえ。それぞれ、お互いに譲れない部分はあるものの、お互いの悩みを打ち明けたようです。  緒花が孝ちゃんのことで頭がいっぱいになったようで、そのことを仕事の後に打ち明けたようです。  考えても仕方がないと思った緒花は、吹っ切れたようです。さすがに切り替えがはやかったようです。 <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・。心配をよそに、両親が、仕事ぶりを見学してきた。こんなアニメですみませんというものの、おたがいに良い時間を過ごした。  その後、往年の同じ会社の声優と晩酌・・。コイバナを暴露してしまった。やはり男友達に振られたのは、そうとうショックだったらしく、やけ酒を飲んで、本性を明かしてしまった。  青○プロダクションの事情をよく知っている声優さんは、やはり、ストレスが相当たまっているんだなあと思われた。しかし、伊藤さんだけは、やけに「仕事をください」「主役じゃなきゃいや!」「アルバムだしたいなあ」といった実現できていることに貪欲のようです。これ以上何をのぞむのかはともかく。声優アワード主演女優賞をねらっているということ考えがミエミエのようだ。 <気付き事項> ・緒花さんの○○○姿がやけにすごく描いてい…

続きを読む

花咲くいろは 第12話 「じゃあな」 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第12話 <感想>  孝ちゃんにあったものの、なんと、恋人らしき人が登場!同じ本屋で働いている五十嵐波子だった。まあ、本当の恋を知らなすぎるんじゃないといいよる姿・・。緒花は何のために東京に来たのか・・さぞ思ったんでしょうね。  でも民子と徹さんの食べ歩き・・民子にはきつかったんでしょうね・・でもこれも修行のうちかもしれませんねえ。  お母さんである皐月をつれて帰るということに一安心・・とはいえ、すべてお見通しだったとは・・話ができすぎているぜえ。   <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・。長野県いえ石川県から上京したが、男友達になんと彼女がいることが判明。その彼女は、かなりやり手であった。太刀打ちできなくなり、新宿から中野まで中央快速線で行ってぶらついていた。  いっぽう小見川さんは、板前と食べ歩き・・苦しくなってしまった。でもこれも修行のうちなので頑張った。  ついに往年の声優と再会・・。井上喜久子さんが出演していたらたぶん「いつでもウエルカム」というだろうな・・本当は、このアニメには出なかったけど・・。  本当の恋があるか彼女がいるかはともかく。恋には障害がつきもの。でも岡本真夜さんによれば「恋愛は交通事故」という言葉通りになるかもしれませんなあ。かな恵さん「恋がんばって」井上さん「カムバック!」 <気付き事項…

続きを読む

花咲くいろは 第11話 夜に吼える 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第11話 <感想>  旅館の評価が最低になったことに腹を立てた緒花。その理由を聞こうとし東京へ行ったそうだ。  その仕掛け人は、実は、お母さんだった。でもこれって下請けがやったんだからお母さんに罪ってあるんでしょうかねえ。お互いに譲らない緒花とお母さん。  しかし、孝ちゃんのことを考えていたら、本屋で会ってしまった。しかしその孝ちゃんにはなんと○○が・・これはすごいことになってしまったようだ。  ナンパされそうになるのを助けたのは民子だった。足取りをどうやって調べたんでしょうかねえ。   <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・。自分の主役の評価がどうも良くないようだ。なぜと聞き出したところ、それは、一色単ではないことがわかったようだ。  せっかく声優アワードをとったのに、評価されない。それを確かめるために往年の声優さんに聞いても教えてくれないのだ。  3本も主役に出ていても、実際の人気は、豊崎さん・水樹さんのほうが上。でも日笠さんにはどうしても勝ちたいと思っているようだ。  ファンの人たちは、くれぐれも声優さんなどの芸能人をぜったい追っかけ回さないように・・そのままおっかけると、大変なことになりますよ。って某情報番組かい! <気付き事項> ・あの書店ですが多分紀○○屋書店ではないでしょうか? ・地震テロップがあり…

続きを読む

花咲くいろは 第10話 微熱 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第10話 今回よりMXテレビ(地上デジタル)にてレビューします。 <感想>  緒花が熱で倒れてしまった。自分の仕事が出来なくて、みんなのことを心配したようです。  それを一番知っていたのは、多分菜子だろうな・・。しかし、民子さんも負けては居られなかったようです。というのは、近づかなかったのが、こんなに近くに行ったのは、やはり、百合というフラグではなかろうか・・でも。どっちかというと、菜子とはもう○までいったりして・・。  結論・・緒花がいなくても、旅館は動く・・。これは企業の原理と全く同じだったようです。     <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・。ついに過労で倒れてしまった。実際、3本も主役にでていたも、体壊さないんだろうかと思ったりする。  まあそれはさておき、やっぱり仕事がしたい・・主役がしたい・・アニメに出演したい・・ただそれだけをおもっていたようだ。  いろいろな人がお見舞いにきてくれたが、一番のお気に入りは、豊崎愛生さんだったようだ。でも、小見川さんがめずらしくお見舞いに来てくれた。しかし豊崎さんの押しが強く、圧倒されて、潰されてしまいそうだったようだ。  豊崎さんがデビューアルバムを発表したことで、周りは驚くようだが、伊藤かな恵さんだけは、余裕の顔をしていたのはいうまでもありません。 <気付き事項> ・…

続きを読む

花咲くいろは 第9話 喜翆荘の一番長い日 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第9話 本日はMXテレビにてリアルタイムにて視聴しました。 <感想>  手伝いを頼んだ緒花・・しかし式場にそれらしき人がいない・・。焦る緒花・・。 徹さんを見つけることにしたが・・見つからない・・。  孝ちゃんに「なんとかなる」っていったって聞いても分からないんじゃないでしょうか・・。  新郎の年齢を聞こうとした緒花・・そう簡単に教えてはもらえないぞ・・。って徹さんが居やがったぜえ。でも、そんなことなら、放送で呼び出せばいいのになぜそうしなかったのかが疑問です。  徹さんに送ってもらってさぞうれしかったんだろうな・・。民子さんが天ぷらを揚げていることで自信を持ったようです。  孝ちゃんは結局喜翆荘に行かないことに・・。まあこれで良かったのかどうかはともかく、おかみさんがいないときは、やはりみんなで手分けしてやる・・これぞ、企業の基本ですな・・。緒花、相当余裕がありそうだな・・。結局は、おかみさんは戻った様です。めでたしめでたし。 <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・。男性声優と待ち合わせたが結局見つからなかった。(誰が興味あるかはしらないけど)しかし、結婚式場にいた人を探しに行ったところ、見つかった。  CMで、そふてにっのテーマソングを花咲くいろはでも宣伝をしていたようだ。一方、小見川さんは、料理が上手になったらしくて、彼…

続きを読む

花咲くいろは 第8話 走り出す 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第8話 <感想>  温泉旅館カタログに載った喜翆荘・・。四苦八苦する旅館の人たちの苦悩とは裏腹に、お客さんが増えていったようですが、手伝うといった女将が倒れてしまったようです。  その時に、種村くんから電話・・逢いに行くらしいです。  次郎丸さん・・一体何をしていたのかなあと思いきや、川尻さんが乱入・・。取材記者にだけおもてなしをしたいと提案。  しかし、緒花は違うのではないかと感じ始めます。まあ、均等にもてなす心・・。それは記者だけでなくすべての人が評価するということに過ぎないようです。  ついに、たちあがった緒花・・。菜子も手伝って、それぞれ手伝う人を模索・・はたして、女将の役は果たせるのか・・。やはりこれはドラマですな・・。 <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・。女将さん・・いえ声優の首領が倒れる・・。たいしたことはなかったが、やはり仕事が心配になってきている。  経営コンサルタントの言うことも聞かず、自分は、「平等にもてなしたんです」と貫いてみせた。  手伝いには、スウちゃんいえ平沢唯を起用。上賀茂潤くんは、「やめて」といったようです。ここは、従うのが筋と思ったのだが、金沢駅まで行き、とにかく助っ人いえ二階堂先生を探すことが先決と行動に出る。  小見川さんは呆然としていたに違いなかったのだが、豊崎さんと間島さんと…

続きを読む

花咲くいろは 第7話 喜翆戦線異状なし 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第7話 喜翆戦線異状なし←就職戦線異状なし(1991年東宝系公開の映画:織田裕二主演) <感想>  輪島巴は、お母さんから、お見合い話を持ちかけられる・・。本人は乗り気ではないようだ。  ある日、変わったお客さんが泊まりに来るようだ。それは、サバイバルゲームが趣味の人たちだった。それを警戒していたのは、巴だった。  その行動は、お○○の○○疑惑。ス○ー○ー疑惑など問題が多かった。 そこで、巴は仕事を辞めるのをお客と掛ける作戦にでた。 しかし、巴のリーダーシップに共感してしまい、逆に仕事が好きになってしまった。 緒花も見倣いたいという心が生まれたようです。まあ、体張って仕事する姿が焼き付いたようですな。 <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・。今日は、いつもの通りだった。能登さんの体を張っている姿をみて感銘を受けたようです。サバイバルゲームの趣味を相手にして、お○○に入っていても、見られてもいいっていう感じで、いつもの通り、休息・・。 というわけで、きょうの主役が能登さんなのであえて変更!  能登麻美子・・お見合い話を受ける。 断り切れなった。君に届けの爽子の恋がかき消されたようだ。それをよそにしたら、問題の軍隊客の接客へ・・。不安になり、ついに、鉄のラインバレルの城崎絵美になって、お客に向かって「あなた最低です」という一言…

続きを読む

花咲くいろは 第6話 Nothing Venture Nothing Win 【伊藤かな恵さんの仕事

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第6話 ことわざで「虎穴に入らずんば、虎子を得ず」 すなわち、冒険がなければ、何も得ることができない。という意味だそうです。 (解説) http://contest2004.thinkquest.jp/tqj2004/70237/k/koketu.html <感想>  経営コンサルタントである、川尻崇子がやって来た。仲居の服装を一新しようといういうことだ。それはチャイナドレス・・。でも、いろいろなコスチュームがあったんだけどね。さすがにスク水はないでしょう。しかし、お客に迷惑を掛けてしまったようです。  あまりのひどさに川尻崇子が帰ってしまった。次郎丸さんも落ち込んでいたが、緒花に励まされていた。  民子に相談も協力はしなかった。結局、おかみに直談判することになるが、チャイナドレスは却下。しかし、おじいちゃんの薦めで、菜子と一緒に、女将がかつて来ていた着物を着たところこれが大反響だった。  まあ、形見の物を着ることによって、存在感や好感度がアップしたんだな。これぞ、虎穴に入らずんば、虎子を得ずということわざ通りでしたね。 <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・。今月初めての給料をもらった。出演料は2万円である。(もっともらっているかも)年齢×500円という概念があった。声優の改革をしようと豊崎さんといっしょにコスプレしチャイナ…

続きを読む

花咲くいろは 第5話 涙の板前慕情 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第5話 <感想>  民子が宮岸徹が好きであることを知ってしまった緒花たち。不安になった理由は、徹がライバルのふくやに引き抜かそうになることを民子は知ってしまうようです。  民子の恋のきっかけとなったのは、板前修業ができるところを探していたときに徹と出会ったことようです。ってできすぎてるなあ。  民子自信もふくやにいきたい・・。緒花も応援して説得するがダメだった。  ぼんぼり祭りにつかうぼんぼりには願い札があった。これを、借りて、民子さんに、「徹さんへに会いにいこう」とさそいますに・・。しかし連れ戻すのは無理といって、緒花1人でさがすことに・・。んか話が出来すぎていませんか?  な「たのもう!」と緒花がふくやに殴り込み・・と思いきや、徹さんは帰宅・・。板前の助っ人として、行ったようです。これは、早とちりでだったようです。  まあ、これで緒花が民子と接近できたのかなあと思いましたねえ。 <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。)  伊藤かな恵・・。仲居の仕事をこなしていた。小見川さんの恋を応援してあげようとしていたが、「よけいなことだ」と断られてしまう。  きっかけは、小見川さんが板前になりたかったことからの運命的な出会いだった。  それを、伊藤さんが叶えてあげましょうということで、1人で、ライバル旅館に殴り込みをしてしまう。でもそれは、早とちりであっ…

続きを読む

花咲くいろは 第4話 青鷺ラプソディー 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第4話 <感想>  いよいよ新学期・・緒花は、学校に行くことになった。しかし、あのときのことが忘れられないようです。  転校生で緒花と民子が、一緒のクラスに・・みんなは珍しがっていたようですが、民子さんは気が進まないようです。しかし、菜子は民子のことをそんなに悪くないよと思っていたようですね。  民子と近づくためにはどうしたらいいか・・。しかし、民子は好きな人すなわち宮岸徹いう板前のことで頭がいっぱいだったようです。 <本日の緒花の仕事> (この記事はフィクションです。登場人物および実在する人物とは関係がありません。) 伊藤かな恵・・。学校に転校・・。それは、とある科学の超電磁砲の佐天さんのように○○めくりが日課のようです。っていうか本編では出ていないけど・・。初春さんもいたねえ。  To Loveるのララさんとも再会。スフィアのみなさんは元気?と聞いたら小見川さんの恋の事について語ろうとした。しかし、理想が高いことが分かった。  旅館に戻ると、豊崎さんこと初春さんが聞いて来た。それは、板前修業をしている人だった。料理を習おうと必死であった。  お○呂で、小見川さんの恋話を聞こうと思ったが、次元が違ったようです。なにしろ、声優という仕事との両立とのコンプレックスがあったんでしょう。でも、恋は見事に砕けてしまったようです。    声優さんの恋・・結婚する人たちはやはりうれしいでしょう。この前はキュアマリンが結婚したばか…

続きを読む

花咲くいろは 第3話  ホビロン 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第3話 <感想>  小説家がなかなか官能小説を描くことができなかったことに松前緒花を呼んだようです。お客がだましていたことでも、おかみは冷静です。海に落ちた小説家を助けるために押水菜子がまさかとびこむとは・・。まあ、この経路でいえば、もう死んでいたに違いありません。  「私、輝きたいんです」と言う心(後述)を小説家に教えた緒花・・。まあ、自信をよびもどすため、説得をしたようです。  小説家が罰として、旅館で働くことに・・まあどれくらい滞納していたのかは想像にお任せするでしょうね。 <本日の緒花の仕事>  伊藤かな恵・・朝、まかないをつくることになったのはいいが、客に呼ばれて束縛プレイをさせられる。官能小説を読んで、おもわず、妄想を始めてしまったが、見つかってしまう。客が逃げて、全員で追跡。見つかったが、客に対して、「私、輝きたいんです」といって、説得したが、それを、官能小説に例えて言っても破廉恥に聞こえず、納得をしたようだ。  小見川さんに差し出した、料理はとても美味しかったようだが、小見川さんは、声優アワードを引きずっているらしく、おいしいとはいわなかった。  いっぽう、豊崎さんは水泳がうまく、助けたのを見て「私、輝きたいんです」ということを再度アピールするようになったかもしれない。  豊崎さんは、水泳が上手なのかなと思いつつ、伊藤さんは、小説にて、ロマンティックが止まらず、小見川さんは、下手の横好きといったところ…

続きを読む

花咲くいろは 第2話  復讐するは、まかないにあり 【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第2話 <感想>  松前緒花の旅館生活が始まった・・。民子が料理で苦戦しているところをまかないで助けたが、どうも、気に入らないようです。  「死ね」というのをやめようよと説得するも、まだ心に迷いがあるようです。  そのおなじところで働いている菜子・・。なんか引っ込み思案というか天然ボケがあるようです。  宿泊客が小説家で、原稿を捨てたのはだれかと問いただすところ・・まあ、これには賛否要論があるのですが、これを防ぐには・・難しいのかなあという気がします。  見つけたその小説が、官○小説には笑いました。 <本日の緒花の仕事>  伊藤かな恵・・起床後、教育係と一緒にお手伝い。それは、しゅごキャラ!で一緒に共演した、豊崎愛生さんだった。やはり、声優アワード主演女優賞を取っただけはあり、バツグンであった。客室のゴミを片付け後、料理で苦戦している小見川さんをみて、まかないを作る。評判は上々であった。しかし、苦戦している小見川さんはどうも、気に入らないようだ。  しかし、宿泊客からクレームをうけ、しょんぼりするも、「死ね」という言葉は辞めようと声優アワードのことを引きずっているようにも見える。  旅館の人と外出も途中で降り、自力で帰る。その後、クレーム処理をしたら、目的の原稿をよんで妄想が止まらなくなる。客にみつかってしまった。  小見川さんの演技の下手さに声優アワードの受賞者である伊藤さんとの○○があったりし…

続きを読む

花咲くいろは 第1話 十六歳、春、まだつぼみ【伊藤かな恵さんの仕事】

チバテレビ・テレビ埼玉 連続テレビ小説シリーズ 第1話 2011年春アニメ第2弾は? 地域密着型アニメが登場! <おことわり> 本項目は、第5回声優アワード助演女優賞 伊藤かな恵さんをたたえ、以下のアニメ で、「伊藤かな恵さんの仕事」ということで特別枠にて解説する予定です。 ・花咲くいろは ・神のみぞ知るセカイⅡ ・そふてにっ! それでは情報です。 放送:チバテレビ 4/4 25:30~←対象 キッズステーション 4/5 23:27~(リピート有り)←対象 ニコニコ動画 4/9 更新予定 公式ページ: (ポニーキャニオン)http://visual.ponycanyon.co.jp/hanairo/ (読売テレビ)http://www.ytv.co.jp/hanasakuiroha/ ・映像フォーマット  16:9 1125i ハイビジョン ・字幕放送(チバテレビの場合)  なし ・時刻表示  なし ・歌詞表示  なし ・エンドクレジット方式  スタンダード方式 ・原作・アニメーション制作  P.A.WORKS ・シリーズ構成  岡田麿里 ・監督  安藤真裕 ・コピーライト表示   花いろ旅館組合 <主題歌情報>  OP:「ハナノイロ」/nano.RIPE ランティスより4/20発売 ED:「Hazy」 スフィア ランティス(Gloryheaven)より5/11…

続きを読む