ちはやふる  第6首「けふここのへににほひぬるかな」




<感想>
 新入部員・・それは、古典を知っている大江奏であった。両親は呉服屋を営んでいるのだ。知りすぎるほど知っているようだ。千早は百人一首のそれぞれの歌の意味をしっかりと大江さんに教え込まれたようです。
 大江さん・・これで千早と百合になったな・・。


<今日の主役>
大江奏

<原作>
ちはやふる(講談社「BE LOVE」コミックス)
第2巻 第11首
の内容に準拠


<ちはやHOOの内容>
百人一首の競技方法 入門編ーその4ー

<演出>
細川ヒデキ

<脚本>
川嶋澄乃

<番組提供会社>
なし



"ちはやふる  第6首「けふここのへににほひぬるかな」" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: