はなまる幼稚園 #12(じゅうに)最終回「はなまるなクリスマス・はなまるな気持ち」




<感想>
12-A(26)「はなまるなクリスマス」 
 杏の夢見るクリスマスは、土田先生と一緒になること・・それぞれ大きくなった、柊と小梅・・いいぜえ!まあ夢の中では山本先生は見守っているという状況に違いありません。バスの運転手=ウンディーネ・・やはりARIAでしたか・・。
 それにしても杏の大きくなった姿は桜さんとうりふたつ・・相当グラマーでしたな・・。

12-B(27)「はなまるな気持ち」
 桜さんの出会い話・・土田先生は、恋のキューピッド役だったんですね。でも山本先生にアタックするのはどうも苦手なようです。
 絵に込められた思い・・杏の生命力が感じられました。最後には、山本先生に告白するも仕事の話になってしまったというオチ。ウンディーネとの結婚は難しいと言うことがこれで証明できたみたいです。


<柊の来ていた着ぐるみ>
・なし

<挿入歌:ED>
ED:「せかいでいちばん」杏(真堂圭)・桜(本名陽子)
挿入歌:「優しい陽だまり」山本先生(葉月絵理乃)

<今日の主役>
12-Aパート:杏(真堂圭)
12-Bパート:山本先生(葉月絵理乃)と土田先生(日野聡)

<演出>
木村隆一

<脚本>
小黒祐一郎

<番組提供会社>
キングレコード
スクウェア・エニックス

<エンドイラスト>
中村光(荒川アンダー ザ ブリッジ作者)
次週のアニメにバトンタッチしたな・・

"はなまる幼稚園 #12(じゅうに)最終回「はなまるなクリスマス・はなまるな気持ち」" へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: