超速変形ジャイロゼッター 第50話 「ジャイロゼッター戦争の危機」~最後のラヴ・ソング




<感想>
 アルカディアとゼノンとの戦い・・。アルカディアはイレイザーたちに占拠され、破壊されたようです。これで1対1・・喧嘩両成敗痛いな感じです。デスゼノンを止められるのは、ハルカだったようです。シュンスケとカケルともに戦いましたが、結局デスゼノンの方が上だったようです。無傷のゼノン・・。恐ろしい相手だ・・。
 しかし、最後には、ゼノンの空中要塞ゼクスドランに人質になったりんね・・。タイムゲートをこわして、タイムマシン砲を放つようだ。いよいよ来週は、最終回です。




<今日のマッチのサブタイトル曲>
最後のラヴ・ソング(1995年)41枚目のシングル

<気づき事項>
・人質を捉えるところとか、おびき出すところがまさしくプリキュアシリーズに似ていました。



<脚本>
永川成基
佐藤大

<演出>
大庭秀昭

<番組提供会社>
スクウェア・エニックス
松竹
バンダイ
最強ジャンプ
マクドナルド
Sonymusic

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ◎超速変形ジャイロゼッター第50話「ジャイ...
  • Excerpt: ロ)横浜新都心が))ライバードΠカ:デスゼノンめ!ソ>お前の相手は僕たちだ!}ハ:ゴート様! 轟カケル、消滅せよ! 消滅せよ!*[ハル)そのデスゼノンはゴート様が操られて...
  • Weblog: ぺろぺろキャンディー
  • Tracked: 2014-07-01 02:39