ママレード・ボーイ 第72話  異母兄妹「幸せが…こわれていく」~破壊~【Break news

視聴ポイント:「遊が思う光希との関係とは・・」


<内容と感想>
動画はこちら↓
http://www.gogoanime.com/marmalade-boy-episode-72

光希は元気になった。
長い間しまっておいた。ボイスメモを聞いた・・「大好きだよ」
あの時の思い出が蘇る・・。

(詳しい話は、第71話参照してください。)
遊と仲直りができたのだ。

喫茶店でいつもの茗子とのデート
蛍くんは、キスをしようとしたが、失敗したのだ。
これも第71話参照

やっぱり遊じゃなきゃダメなんだと思った。
みんなを巻き込んでしまい申しうわけないと思った。

茗子もそうだった・・
名村先生との婚約でも、あ互いに傷をつけることになってしまった。

っていうか、茗子とのキスシーン
うわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!って感じです。

あとは、遊との恋は光希の気分次第。すなわち幸せになることだとアドバイス・・。

空港で、杏樹を見送ったお父さん。杏樹は、ボストンへかえることにした。
いつか、会える時まで・・遊・・日本から去っていった。

一方蛍は、KSsCOOPで光希を待っていた。
もうどうにもならなかった。

あの時がまた思い出される・・負けたが、やるだけのことはやった。
と帰るときに、すずがいた。すずが、遊のことをいったら怒って出て行った。

蛍くんも相当余裕だったしね。

私自身が幸せになることをアドバイスされた光希。遊は後悔していなかった。
光希といられてよかったのだ。

遊・・ねえ・・こんどこそふたりきりの旅行へいこうと
約束した。

ベッドの上で、話していた。誕生日もやっていなかった。
プレゼントのことを光希に聞いた。

遊が指輪を買ったやると・・言ったがおもちゃでいいと言った。
けど、本物の指輪を買うことを光希と約束した。

薬指にはめることを夢見ていた。
遊は、プレゼントはなんでもいいと言った。
ほしいものを光希に考えさせた。

この部屋にあるものを持ってっていいよと遊が提案したが、光希は、迷っていた。

ボールペン・・腕時計・・クローゼットを見ていた・・服を見ていた。
もらっていいと服をもらったところで、

遊と揃ってクローゼットの中に、
マイケルに出てくることをみられたら・・
とキスした・・

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!

キスしやがったよ!

本当にキスアニメだよねこれ・・。

しかし、このことが、ほんの数日後に幸せが壊れようとするとはだれもおもわなかったようである。まるっ!

朝、日曜日、遊は1階きたがだれもいない・・。
両親はショッピング・・マイケル・光希はバイトだった。

4時には帰るそうだ・・。

光希はバイトが終わり、プレゼントを買うためにショップへ・・。

時計27000円なりい・・諦めた。

でも、腕時計もいいなというあの時を思い出した。
よーし!と考えて、「これください」とお買い上げ!

光希。相当バイトで稼いだんだろ!

遊は、水着を探していた。そこでみたのは、お父さんの卒業アルバムだった。
そこでみたのは、父の写真だった。

お母さんのことをさがす遊・・。そこに男の子が・・仁さんだった。
しかし、仁さんとはハワイ旅行であったのがさいしょだ、友人とは聞いていなかった。

あの両親’Sの家族家系・・。
小さい頃から子供のときから愛し続けていけるのか・・。あの、第25話のことをおもいだした。仁さんは、別の人だといって言い交わされたという記憶があった。

うそだ・・学生時代の後尾とが仁さんほんとうのお父さんは、仁さん。
つなわち血のつなかった兄弟なのか!遊は悟った。

光希が帰ってきた。

遊・・呼んでも返事しなかった。
電話がなり出る・・。三輪さんだった。遊は三輪さんの家にいるのだ。

これでいいのか・・と遊に問う・・。
光希はそれでも時計のプレゼントをみて、
楽しみにしていた。

なにもしらないのがこのアニメのいいところなんだねこれ・・。

三輪さんは、遊に何があったことを問いただした。
そして、顔つきが変わった。

夕方、一人でテレビを見ている光希。電話がなった・・。
遊だった。光希は、待っていたのだ。
遊:話があるんだ・・。電話じゃ話せないことなんだ。と元気がなかった。
光希を公園に呼び出した。

光希が公園に来る・・。遊は嬉しそうな顔をしていなかった。
その異変を感じていたのは光希だった。

遊:光希・・別れてくれ。突然の言葉だった。

 第25話で仁さんの子供ではないかということに対して、再来したって感じです。どうしても、追求し、どんな関係かを暴こうとしましたが、結局、お父さんは仁さんなんだということを写真で知ってしまったようです。そのことで、光希と遊はお互い兄妹であることを知ってしまい、幸せにすることができなくなったようです。光希は果たしてそのまま承諾するのか!次回に続きます。


<この話のまとめ>
遊が思う光希との関係とは・・

 遊は、仁さんの子供で、今のお父さんではないことだ。それは、光希と血のつながっている異母兄妹であった。

 遊が見た写真で、仁さんの存在がまた再発・・。このことから光希との幸せが破壊していったようです。あんなにキスしたのにいまさらなんで?って言いたくなりますねえ。でも、遊がそう言いはるのであれば、それは、仕方がない。しかし信じられないのは、光希のほう。悪い知らせが飛び込んだ光希は呆然となったようです。



<今日の主役>
松浦遊(置鮎龍太郎)


<キスシーン>
(回想)光希と遊との滝の近くでのキス 7秒
(本編 2:18-2:25)
(回想)名村先生と茗子のキス 6秒
(本編 4:03-4:09)
光希・クローゼットの中でのキス 21秒
(本編 11:29-11:50)


<挿入歌>
本編中のクレジット:「ママレード・ボーイ 幾つもの出会いを重ねながら」
「ママレード・ボーイ ママレード・フェイス!」 より

【流れた曲】
笑顔に会いたい-slow version /濱田理恵 1分38秒
(本編 8:03-9:41)

<収録アルバム>
ママレード・ボーイ ベスト・アルバル シングル・コレクション(APCM-5080:廃盤) 12曲目に収録
・ママレード・ボーイ全曲集(COCX-32230~1)ディスク1-17曲目に収録

<原作>
アニメオリジナルストーリー

<シチュエーション>
・光希の心の変化
よかった遊とまた一緒になれるー>だいすきだよ遊ー>遊、なにかあったの?ー>別れてくれなんて・・そんなのうそでしょ?ねえ何か言ってよ!どうして!

<演出>
設楽 博

<脚本>
吉村元希

<次回>
 遊は今回のことは光希のせいじゃない。私自身が身勝手なだけだと言う。しかし、光希は納得しない。遊と、このまま終わりだなんて聞いてないと。しかし私は大好きだということを言ったが、遊は、もうつきあえないと謝罪した。


次回 ママレード・ボーイ 第73話 別れ「こうするしかなかった…」

  光希と本当に別れていいのか! 遊!


<放送日>
朝日放送(テレビ朝日系列全国放送) 1995/8/7(本放送)
キッズステーション 2007/6/30 (最後の帯放送)
フジテレビTWO 2012/6/25

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック