異国迷路のクロワーゼThe Animation 1話 入口(Entree)

異国迷路のクロワーゼ は 原作の対比を行います。

2011年夏アニメ第2弾は?
中川かのん主演・・いえゆおんです。





それでは情報です。

<放送>
チバテレビ 7/3 24:00~←対象
TVKテレビ 7/4 25:30~
TOKYOMX 7/4 25:30~
AT-X 7/4 9:00~(リピート有り)

公式ページ:

http://www.ikokumeiro.com


・映像フォーマット
 16:9 1125i ハイビジョン
・字幕放送(チバテレビの場合)
 なし
・時刻表示
 なし
・歌詞表示
 なし
・エンドクレジット方式
 スタンダード方式
・原作
 武田日向(ドラゴンコミックスエイジ:富士見書房刊)
・アニメーション制作
 サテライト
・シリーズ構成
 池田眞美子
・監督
 安川賢司
・コピーライト表示 
 武田日向/富士見書房/異国迷路のクロワーゼ制作委員会

<異国迷路のクロワーゼ制作委員会>
メディアファクトリー(DVD制作元)
フライングドッグ(CD発売元)
ソニー・ミュージックコミュニケーションズ(販売元
青ニエンターテインメント(音楽制作)
エー・ティー・エックス(CS放送元)
ブシロード(グッズ販売元)
グッドスマイルカンパニー(グッズ販売元)




<主題歌情報> 
OP:「世界は踊るよ、君と。」/羊毛とおはな
ED:「ここからはじまる物語」/湯音(東山奈央)
以上2曲含みフライングドックより7月20日発売(VTCL-35108)




サテライトの新作は、癒し系アニメーション!
どうもマクロスというイメージがあるのですが、ARIAシリーズで
有名な佐藤順一さんが監修するんですね。まあしゅごキャラ!スタッフが
再集結!とうことでどこまでみられるか・・。中川かのんで有名な東山奈央
主演作品ということで見る事にしましょう。


<ファーストインプレッション>
・予告ムービー:3 
 
・主題歌のやる気度:3
 気軽に聞けていいです。
・本編:3
 脚本が佐藤順一さんだからな・・。ARIAみたい・・。

<感想>
 クロードとの出会い・・。それは、湯音の失敗からだった。謝る姿に感動したようです。日本とフランスの習慣の違い・・。やはり、湯音の癒しはそうとう頭に焼き付いたようだ。
 このアニメ・・よく見て見ると、ARIAシリーズだね・・。奉公に来た湯音が着物なんて・・なんていいんだ・・かのんちゃんのファンはたまんないなあ。

 視聴の継続は・・2話以降になるであろう。


<本日のかのん>
 東山奈央:中川かのんがパリに留学・・骨董品の店で働くことになったようです。失敗をおそれていたようです。でも、桂馬のことを思い出して、なんとか乗り切ったが、相手は、純粋だったようだ。
 
 

<今日の主役>
クロード・湯音


<原作>
異国迷路のクロワーゼ (ドラゴンマガジンコミックス:富士見書房刊)
第1巻 
Partie 1 入口
1-40ページの内容に準拠

<演出>
安田賢司

<脚本>
池田眞美子


<番組提供会社>
メディアファクトリー
富士見書房
フライングドック

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 異国迷路のクロワーゼ #1
  • Excerpt: 【入口】 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)著者:武田 日向富士見書房(2007-12-08)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る それは優..
  • Weblog: 桜詩~SAKURAUTA~
  • Tracked: 2011-07-05 08:54
  • 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話 入口 ~
  • Excerpt: 異国迷路のクロワーゼ(いこくめいろのクロワーゼ) 第1話 入口  ~ 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『..
  • Weblog: 動画共有アニメニュース
  • Tracked: 2011-07-05 08:58
  • 異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入り口」
  • Excerpt: 第1話 「入り口」 【あらすじ】 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア..
  • Weblog: いま、お茶いれますね
  • Tracked: 2011-07-05 09:05
  • 異国迷路のクロワーゼ 第1話「入り口」 感想
  • Excerpt: 原作ファンとして映像化は素直に嬉しいですね。 とはいえ絵に関しては原作のが美麗かも(笑)。 うんまあその辺に関して言えば、武田日向の超作画には一歩追いついてない感じもしたけど これは..
  • Weblog: 超進化アンチテーゼ
  • Tracked: 2011-07-05 09:21
  • 異国迷路のクロワーゼ第一話 感想
  • Excerpt: 私はこのギャルリの、家族になりたい 「異国迷路のクロワーゼ」第一話感想です。 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細..
  • Weblog: 知ったかアニメ
  • Tracked: 2011-07-05 09:29
  • 『異国迷路のクロワーゼ』#1「入口」
  • Excerpt: 「私ハ…このギャロリの家族ニナリタイ」 原作未読。 舞台は、19世紀末のパリ。 日本に買い付けに来ていたオスカーが奉公先を探していた湯音と知り合い、 我が家である鉄工芸品店「ロアの看板」に..
  • Weblog: ジャスタウェイの日記☆
  • Tracked: 2011-07-05 09:45
  • 異国迷路のクロワーゼ 第1話(新) 「入口」 感想
  • Excerpt: 待望の作品がついにやってきましたね・・・ 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロ..
  • Weblog: KAZUの暮らし
  • Tracked: 2011-07-05 11:21
  • 異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」
  • Excerpt: 19世紀のパリ『ロアの歩廊』、小さなジャポネーゼの湯音がやって着ました♪ 「ロアの看板店」のオスカーさんが日本土産とともに連れてきて。 店主のクロードはびっくりですねw  ▼ 異国迷路のクロ..
  • Weblog: SERA@らくblog
  • Tracked: 2011-07-05 12:00
  • 『異国迷路のクロワーゼ 』 第1話 感想
  • Excerpt: さて始まりましたね。『GOSICK』第1話…というネタは多くのブロガーさんが書くでしょうから自粛。 え?自粛できてないって?ははは。…。すみません。
  • Weblog: シュミとニチジョウ
  • Tracked: 2011-07-05 13:06
  • 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話 「入口」 【感想】
  • Excerpt: 「わたしは…このギャルリの家族になりたい」 ―― クロードの優しさを示す一枚の写真大らかで、飾り気のないその笑顔を知っている…。太陽のように温かくて、居心地の良いあの笑顔。嬉々とした表情..
  • Weblog: 蒼のセレナーデ
  • Tracked: 2011-07-05 13:08
  • 異国迷路のクロワーゼ 1話
  • Excerpt: 日本流にて、つかまつる。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」1話 振袖看板娘の巻。 かっぽかっぽ。 ジャポネーゼ湯音ちゃん、海を渡ってご奉公。 When in Rome,..
  • Weblog: アニメ徒然草
  • Tracked: 2011-07-05 14:26
  • たゆんたゆん(GOSICKとか青の祓魔師とか)
  • Excerpt: 【GOSICK-ゴシック- 第24話(最終話)】いろいろあったけど、二人は元気です…な最終話。なんかあっさり終わった第二次世界大戦ですが、ヴィクトリカさんと久城くんが結ばれてハ ...
  • Weblog: アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
  • Tracked: 2011-07-05 15:27
  • 異国迷路のクロワーゼ 第1話 入口
  • Excerpt: 原作は「GOSICK -ゴシック-」の挿絵も担当されていた武田日向さんの漫画で、物語の舞台は19世紀末のパリ。 主人公は小柄でおかっぱの黒髪美少女の日本人・湯音。 湯音の家では余所へ ...
  • Weblog: ゲーム漬け
  • Tracked: 2011-07-05 16:00
  • 異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」
  • Excerpt: ARIA+びんちょうタンって印象でした。 湯音ちゃんちっちゃ~い かわええо(ж>▽<)y ☆ サトジュンさんに井上さんとARIAスタッフが参加してるのが1発でわかりました。 井上さんが総..
  • Weblog: のらりんすけっち
  • Tracked: 2011-07-05 16:23
  • 異国迷路のクロワーゼ 1話「入り口」
  • Excerpt: 文化の違い―。 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る
  • Weblog: 新しい世界へ・・・
  • Tracked: 2011-07-05 18:38
  • 異国迷路のクロワーゼ 第1話感想「入口」
  • Excerpt: フランスに現れた、日本人形のような愛らしい少女・湯音。ここパリの商店街・ギャルリにある鉄工芸品店「ロアの看板店」にやってきた湯音と、立派なヒゲを生やしたオスカー。絵がめ...
  • Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
  • Tracked: 2011-07-05 20:00
  • 異国迷路のクロワーゼ 第1話 感想「入口」
  • Excerpt: フランスに現れた、日本人形のような愛らしい少女・湯音。 ここパリの商店街・ギャルリにある鉄工芸品店「ロアの看板店」にやってきた湯音と、立派なヒゲを生やしたオスカー。 絵がめちゃめちゃ可愛..
  • Weblog: ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★
  • Tracked: 2011-07-05 20:00
  • 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話
  • Excerpt: 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1話、「入口」。 原作未読です。 19世紀後半、パリの小さな商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア」にある「ロアの看板店(アンセーニュ・..
  • Weblog: おちゃつのちょっとマイルドなblog
  • Tracked: 2011-07-05 20:42
  • 異国迷路のクロワーゼ 第01話 『入口』
  • Excerpt: 何かまたGOSICKみたいなのが始まった・・・。と思ったらOPが世界名作劇場っぽい。日本人の女の子が、遠く仏蘭西に渡って来る話みたいです。赤い靴、履~いてた~、女の子~。異~人さんに連~れられて、行..
  • Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
  • Tracked: 2011-07-05 23:37
  • 「異国迷路のクロワーゼ」 #01『入口』
  • Excerpt:  #01「入口」  「わたしは、このギャルリの家族になりたい・・・」  湯音の打算の無い一途な気持ち・・・そして、文化は違えども思いは通じる・・・  う~ん、実に良い言葉です..
  • Weblog: おきらく委員会 埼玉支部
  • Tracked: 2011-07-05 23:41
  • 異国迷路のクロワーゼ 第1話 感想「入口」 
  • Excerpt: 異国迷路のクロワーゼですが、19世紀のパリで長崎からやってきた少女・湯音が鉄工芸品店、ロアの看板店に奉公します。サンタクロース髭のオスカーは優しいですが、店のクロードは日本人の少女を歓迎はしません。(..
  • Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
  • Tracked: 2011-07-06 01:32
  • 異国迷路のクロワーゼ・第1話
  • Excerpt: 「入口」 夏の新アニメ第1作。 音響監督などに、『ARIA』シリーズなどの佐藤順一氏が参加するなどしている作品。 19世紀のフランス。 家の事情もあり、奉公に出るはずだった少女・湯音は..
  • Weblog: 新・たこの感想文
  • Tracked: 2011-07-06 20:04
  • ■異国迷路のクロワーゼ 【第01話】入口
  • Excerpt: ■異国迷路のクロワーゼ 【第01話】入口 異国迷路のクロワーゼ Partie01:“ Entree ” 第01話:「 入口 」の視聴感想です。 奉公人。 興味津々。 異文化。 若店主。 家族。..
  • Weblog: 此方彼方貴方-コナタカナタアナタ-
  • Tracked: 2011-07-06 21:11
  • (感想)異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」
  • Excerpt: 異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」 異国の街に聞きなれないポクポクという音が響き渡る。その音は、まるで お人形のような小さく可愛らしいジャポネーズが奏でたものだった―。
  • Weblog: aniパンダの部屋
  • Tracked: 2011-07-06 23:00
  • 異国迷路のクロワーゼ 第01話「入口 - Entree」 感想
  • Excerpt: 湯音が最高に可愛かったヽ(*´∀`)ノ 19世紀後半パリへと渡った日本の少女湯音とアンセーニュ・ド・ロアの店主クロードとの出会いの話。 文化的にも最高峰のフランスパリの描写や世界観が凄い好きで..
  • Weblog: 日刊アニログ
  • Tracked: 2011-07-06 23:58
  • 異国迷路のクロワーゼ #01「入口」
  • Excerpt: まだ1話ですが、いい感じでした。視聴決定だな。 舞台は19世紀のフランスのパリ。 ヒロインは日本から異国の地に奉公にやって来た、まだあどけさの残る少女、湯音。とっても可愛い感じですが、芯のしっかり..
  • Weblog: White wing
  • Tracked: 2011-07-07 01:03
  • 異国迷路のクロワーゼ第1話 & ゆるゆり第1話(7.4)
  • Excerpt: ・異国迷路のクロワーゼ第1話 月刊ドラゴンエイジで連載中だそうですが、原作未読 19世紀のパリを舞台に 片言しか喋れないのにフランスに渡った日本人の少女湯音が 鉄工芸品店ロアの看板店で働きながら成長し..
  • Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
  • Tracked: 2011-07-07 01:21
  • 入口
  • Excerpt: 脚本:池田眞美子 絵コンテ:安田賢司 演出:安田賢司 作画監督:井上英紀 地味な色で埋め尽くされた街の中、湯音の着物の明るい色がよく映える。 アニメ+主人公補正という意 ...
  • Weblog: 雨晴時曇
  • Tracked: 2011-07-07 20:47
  • 異国迷路のクロワーゼ 第1話 【入口】感想
  • Excerpt: 最初、湯音の声があやにゃんにソックリに聞こえました。 そんな感じで始まったクロワーゼ。 イメージとしては“エマ”のような舞台に和服ロリ美人が現れたって感じでしたねw 異国迷路のクロワーゼ 1 (..
  • Weblog: キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記
  • Tracked: 2011-07-07 20:54
  • 異国迷路のクロワーゼ 1
  • Excerpt: 第1話 「入口 - Entree」 新作ラッシュ続きます。 これも原作知らずですが、なんとも異国情緒漂う雰囲気ですね。 と思ったら場違いなほど浮いてる着物少女。 これが新しいゴスロリ..
  • Weblog: MEGASSA!!
  • Tracked: 2011-07-08 00:26
  • 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第01話感想
  • Excerpt: 作    画:10(街並みの描写が美しすぎます) ストーリー:9(起承転結がまとまりと次話への期待が膨らむストーリー構成) ご奉公度 :10(信用第一の看板娘!) 萌    え:10(湯..
  • Weblog: サイネリア~わたしのひとりごと~
  • Tracked: 2011-07-08 00:52
  • 『異国迷路のクロワーゼ』 第1話 観ました
  • Excerpt: 19世紀末のフランス巴里が舞台。 そんなまだ日本人が珍しい巴里にやってきた小さな日本の女の子が居た。 そんなコンセプトのコミックが原作のこのお話。なかなか丁寧な背景画の作品で好ましく観ていました。この..
  • Weblog: 「きつねのるーと」と「じーん・だいばー」のお部屋
  • Tracked: 2011-07-10 21:40
  • 異国迷路のクロワーゼ 1話 「入口」
  • Excerpt: 2011年夏季アニメの第一作目になります。 19世紀のパリを舞台とした少女の物語。少女は日本から奉公にやってきた、湯音という名前の女の子。言葉や文化の違いに戸惑いのなかで、鉄工芸品店の看板娘..
  • Weblog: なになに関連記 swung dash-style
  • Tracked: 2011-07-11 09:02