世界一初恋 8話「looks breed love.」

訳:見ただけで恋を生む

<見ることから恋が生まれる >
恋が芽生えるのは、多くは相手を見て、第1印象で素敵だと感じることによってであるということ

木佐翔太の場合①


茨城県お住まいの匿名希望
Booksまりもで丸川書店エメラルド編集者木佐翔太くんを見ました
仕事帰りにと立ち読みしているかと思えば、本越しでアルバイト書店員雪名皇をずっと見つめていました(^0^)
ちょっと前に本を買おうとレジに行ったら雪名のルックスに一目惚れ
それ以来、毎日のように通ってたとか。


雪名が3人の女子高生におすすめラインナップを披露。
雪名の少女漫画PR力は女性客をキュンさせるほどの売り方。
雪名がなぜ少女漫画棚を担当しているのかと聞くと・・・


雪名:だってここにいれば君たちに会えるから
チャラ男っぷりに参る・・・( ̄▽ ̄;)


翌日、パソコンで新刊売上げをチェック。雪名がいる書店が他の書店より異常に売上げを伸ばしていることに気付く。それだけではない自分が担当している漫画の売上げトップはこの書店に集中している。
雪名のPR力のおかげと考えると編集キャリアをがむしゃらに積んでいるのに年下でエメラルドを1年で立ち上げた高野編集長に敵わないほどの凡人が恋叶えるはずわけない。
そう分かっていても雪名目当てに通い続ける木佐くん(^0^)
 そんなあるとき仕事しに来た横澤部長とバッタリ。木佐くん横澤部長の威圧感漂うとこが苦手なよう。
横澤部長に連れられ雪名と初対面。雪名と名刺交換したことで苗字しか分からなかった雪名のフルネームを知る。
 木佐くんは雪名に口実付けてさっさと帰るが、一人の男性に呼び止められた。
某日仕事帰りのバーでルックスが気に入ったとその人に目を付けたけど、出会った日から15分おきでメールや電話がかかって来てウザイと一方的にピリオドを打った。
木佐くんの恋愛歴はこのように面食いで付き合っては、別れるの繰り返しだった。
男性は木佐くんと別れる気はないとしつこく付きまとう。2人の口論に雪名がその男性を取り押さえて木佐くんを逃がした。


 木佐くんは喫茶店に入り、今回も面食い恋愛失敗するんじゃないかと思い悩む。
噂すればアルバイト終えた雪名と再会。
雪名は木佐くんと話したいと相席に座った。
雪名が愛読している少女漫画すべてが木佐くん担当。
ところで木佐くんって歳いくつなの




































三十路(30歳)/(°□°;)/
見た目とのギャップに驚愕する雪名だけど・・・

雪名:でもやっぱすげーすっよ。可愛いとか童顔とか生まれ持った才能出すよね
雪名、それって褒めていると見ていいかな
ちなみに雪名は21歳の美大生。
 雪名のとこに木佐くん担当作品新刊を追加注文し、独自のフェアまでやると。雪名はディスプレーデザインを描き始めた。なんでこんなことをするのかと聞けば・・・


雪名:木佐さんの本だから
と本を売ると自信満々。
木佐くんが担当する漫画作品の大半が人を泣けるストーリー。
雪名が思うには・・・


雪名:作家さんがすごいのはもちろんだけど、担当の木佐さんの力もぜってーあると思いますよ
多くの作家を支えてヒット作品を出させていると木佐くんの編集テクニックを絶賛。
その一言に木佐くんは赤くなる。


さわってみたい・・・どれくらいの温度で・・・どんな感触するんだろ・・・
ルックス恋愛だった木佐くんが本当の恋を知る。
雪名はその表情につられたのか木佐くんに
とここで放送終了


<ゲスト>
店長:松丸平太郎
書店員A:江口拓也
書店員B:藏合紗恵子
女子高生A:片岡あづさ(おねがいマイメロディシリーズ夢野歌、侵略!イカ娘斉藤渚[4]、プリティーリズム オーロラドリーム高峰みおん)
女子高生B:廣田詩夢(はなまる幼稚園土田さつき)
女子高生C:美名(そらのおとしものシリーズ見月そらは)
男性:遊佐浩二(絶対可憐チルドレン兵部京介、黒執事シリーズラウ(劉)、薄桜鬼シリーズ原田左之助、青の祓魔師志摩廉造)


<純情ロマンチカからの共演者>
なし


脚本:中村能子 絵コンテ:藤原良二 演出:吉田俊司 総作画監督:菊地洋子、安田京弘 作画監督:平川亜喜雄、川崎愛吾 
原画:7人、Wish、スタジオリバティ 第2原画:AI、進藤プロダクション、プロダクションリード、スタジオワンバック 動画検査:浅利歩惟、赤堀隆一 動画:5人、ECHO 
色指定・仕上検査:木村千登世 仕上:3人、ECHO 制作進行:西出奈津美


 ルックスだけの恋愛に自堕落してた木佐くんに本当の恋到来!?雪名に一目惚れしたのはルックスだけではないこと本人は知るよしなし。雪名の笑顔が眩しすぎだし、ストレートなとこが純情エゴイストの草間野分と共通しているとこ。


<世界一初恋グッズ>
世界一初恋 ~小野寺律の場合2~ (あすかコミックスCL-DX)
角川書店(角川グループパブリッシング)
中村 春菊

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界一初恋  ~小野寺律の場合2~ (あすかコミックスCL-DX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



<次回予告>
The die is cast.
雪名から木佐くんに衝撃の告白。


<丸川書店用語集>
ティンクル
月刊「エメラルド」のマスコットキャラクターの名前。背中に羽が生えたウサギのキャラクターで身長133cm。大事にするといいことがある。ぞんざいにすると悪いことが結構ある。羽根はあるが飛べない。靴下必須。杖で3つまで願いを叶えてもら・・・
強制終了
補足として
叶えてくれる代わりにティンクルに3ついいことをしてあげないといけない(公式ツイッターより)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 世界一初恋 #8「Looks breed love.」
  • Excerpt: 「好きなんだ、顔が」 美 貌 は 恋 を 生 む 。 木佐って『ちっさいオッサン』だったの!? CVが岡本くんということもあって、オッサンという雰囲気はぜんぜん感じず むしろ可愛い子、..
  • Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
  • Tracked: 2011-06-01 17:41
  • 世界一初恋 第8話 「Looks breed love.」
  • Excerpt: 世界一初恋 第8話 「Looks breed love.」         《俺…チャラチャラしたのは好き..
  • Weblog: ★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★
  • Tracked: 2011-06-01 17:59
  • 電波女と青春男 くるねこ 緋弾のアリア 世界一初恋 フェアリーテイル
  • Excerpt: 電波女と青春男『誰かさんの思い出になる日』7話を視聴。 御船さんは「藤和さんの味方には成んないよ」「丹羽君の味方には成ると思う」ですよね, 支えと思えてか,思いの上回りと感じてか,音楽も相まって...
  • Weblog: わしゅうちゃんの主にアニメ視聴ブログ
  • Tracked: 2011-06-01 18:05
  • 世界一初恋 08話『Looks breed love.』
  • Excerpt: 世の中には王子様がいる。 チャラチャラした奴が嫌いな木佐でも好きになってしまう男が、そこにはいた。
  • Weblog: 本隆侍照久の館
  • Tracked: 2011-06-01 20:27
  • 世界一初恋 第8話「Looks breed love.」
  • Excerpt: 世界一初恋の第8話を見ました。 第8話 Looks breed love. ――世の中には少女漫画に出てくる王子様みたいなのが本当にいるもので…。あぁ…星と花が見えるぜ。チャラチャ..
  • Weblog: MAGI☆の日記
  • Tracked: 2011-06-01 21:13
  • 世界一初恋 第8話
  • Excerpt: 童顔にもほどがある!w エメラルド編集部の木佐翔太と書店員の雪名皇のエピソード♪ 面食いな木佐はカリスマ(?)店員の雪名に一目ぼれ。 話すこともできずにいたのですが…。  ▼ 世界一初恋 ..
  • Weblog: SERA@らくblog
  • Tracked: 2011-06-01 21:53
  • 『世界一初恋』#8「Looks breed love.」
  • Excerpt: 「人を本気で好きになったら、どんな気持ちなんだろう」 今回からはエメ編編集者、木佐翔太とキラキラ王子様の物語☆ 「生まれてこのかた男しか好きになったことがない。しかもメンクイだ」 木佐は自分..
  • Weblog: ジャスタウェイの日記☆
  • Tracked: 2011-06-01 22:05
  • 世界一初恋 #8
  • Excerpt: 「Looks breed love.」 イケメン。 顔が。って言い切りましたなぁ。 そちら側でイケメン好き。いいと思います! 店長わかってらっしゃる。 それは反則だ。買ってしまうじゃないの! ..
  • Weblog: 朔夜の桜
  • Tracked: 2011-06-03 00:18
  • 世界一初恋 第8話
  • Excerpt: エメラルド編集部の編集者・木佐翔太は片思いをしている。 相手は行きつけの書店の書店員である雪名皇。 声をかけることもできず、こっそりと書店に通う木佐だったが、ある日営業部 の横澤から雪名を紹介さ..
  • Weblog: ぷち丸くんの日常日記
  • Tracked: 2011-06-04 14:33