世界一初恋 2話「A man has free choice to begin love but e

訳:終わっていたはずの初恋、再び巡り逢う。

<恋を始める場合は自分の自由選択であるが、恋を終わらせる場合はそうはいかない >
付き合っていた相手と別れる場合は、どちらも別れたいと思っているならば問題はないが、どちらか一方がまだ相手のことが好きで未練があれば、別れ話はそう簡単にはいかないということ。

小野寺律の場合②

<インフォメーション>
1.世界一初恋キャラクターソング発売決定
小野寺律・吉野千秋・木佐翔太がそれぞれソロデビューするそうです(^0^)
小野寺律2011年6月8日
吉野千秋2011年6月22日
木佐翔太2011年7月6日
とそれぞれ発売。
上記を買わせようと何かやらかすような気が・・・

2.OP&ED主題歌CD発売記念キャンペーン
アニメイト横浜・タワーレコード新宿店にて喜多修平&ワカバのトーク・ミニライブを開催開催日
2011年5月15日(日)アニメイト横浜
2011年5月21日(土)タワーレコード新宿店


<本編>
今月当社販売ランキング(文芸部門)

1位 「月の宿る匣」 宇佐見秋彦
2位 「25世紀ノスタルジャ」 宇佐見秋彦
3位 「全日本反転パンダ図鑑」 宇佐見秋彦
4位 「スケアクロウ」 宇佐見秋彦


自分の担当していた本がランクインと喜ぶ律っちゃん。
でも律っちゃんが手にしている本は・・・























少女漫画「リリカル☆りりこ」(作:堀 りか)
振り返ると高野編集長にいきなりキスされた。
という夢を見てたとさ。


 丸川書店の全編集部では周期の真っ最中
高野編集長が激怒
担当しているマンガ家が今朝仕上がる予定のネームがまだ出来ていないと。
マンガ家と電話でもめた後、律っちゃんを連れてその家へ。
 マンガ家宅に入るとそこにも編集部の周期と同じ雰囲気が漂った。
進行状況を見て見ると・・・


高野編集長:〆切りぶっちぎってるくせに見開きで日光東照宮を描いてんじゃねーよ!!マンガ家:三十三間堂よりマシじゃー!!
今回の見せ場だからちゃんと描きたいとかなりこだわっている様子。
高野編集長はさっさと描くよう指示する。
 しばらくして、マンガ家は担当(=高野編集長)にいう


マンガ家:ねえ、この漫画面白いかな?
漫画を描いている自分自身に迷走。おまけに今から描き直したいと言い出す。
マンガ家のスランプに高野編集長はそのまま進めろと促す。
険悪なムードに律っちゃんは見ちゃいられないと・・・


律っちゃん:漫画編集になりたてで今片っ端から自社の作品よんでいるんでしけど、先生の作品男でも面白くて。今月新刊出たと聞いたんで買いました。
高野編集長:丸川から給料もらって丸川に金払ってどーすんだ
律っちゃん:先生の漫画普通に面白いと思うんで・・・あとちょっと頑張りましょうって思って・・・
律っちゃん、マンガ家を励ますつもりが高野編集長の鋭い突っ込みでしどろもどろ。

高野編集長:新人君もこーいってるんだし、オレがネーム見ていいといったものに今まで間違いがあったか?
マンガ家:・・・ない
高野編集長、律っちゃんをすかさずフォロー
それともう一つ、今朝印刷所と交渉したら、〆切りを明日の朝まで待ってくれるとのこと。
高野編集長:いっとくがこーいうのお前の評判落とすだけってんの忘れんなよ
マンガ家の才能を最大限に引き出し、印刷所に無理にでも交渉するといった高野編集長のバイタリティに律っちゃんは脱帽
緊迫した雰囲気ががらりと変わり、仕事に取りかかった末、翌日の朝無事入稿。


 印刷所に原稿を渡した後、丸川書店に戻る。

高野編集長:お疲れ
と律っちゃんに缶コーヒー。
律っちゃんの直球な言葉でマンガ家を持ち直させたと高野編集長から初めて褒められた。高野編集長の普段見られない笑みに律っちゃんはドキドキモード。

高野編集長:お前変わってないな
その言葉に律っちゃんはなんのことかときょとんとした表情。

高野編集長:オレのこと覚えてないの?
律っちゃんは初対面だと言ってるけど・・・

高野編集長:これなら、思い出せる?・・・
律っちゃんをはっ倒してなにするかと思えば・・・




































律っちゃんにした
しかもこの前のヤツと違って、熱烈だった(*^0^*)

高野編集長:だいぶ雰囲気変わったと思ったが直球なとこは相変わらずだな
丸川書店に来る以前に会ったことあるってどういうことですか

高野編集長:オレのこと好きって言ってただろ
律っちゃんが高野編集長を
でも本人はそんな覚えがないようで・・・

高野編集長:オレ、高3のとき親離婚して苗字変わってるから
ちょ、律っちゃんの初恋の人ってまさか・・・































旧姓嵯峨、嵯峨政宗
律っちゃんの脳裏から10年前の記憶を呼び起こす
それは嵯峨先輩の部屋でした後のこと
律っちゃんは嵯峨先輩に自分たちは恋人同士なのかと問いだしてみたら・・・



































答えるどころか、鼻声で笑われた
弄ばれたと思い込み律っちゃんの純粋な心がもろくも崩れ、ねじ曲がった性格に変わったと。
嵯峨先輩こと高野編集長が律っちゃんの初恋の人だった
律っちゃんは印刷所へ行こうとする嵯峨先輩を引き止める。
あのときは一途だったのに人を弄んで捨てられたこと謝るよう要求する。しかし・・・

高野編集長:ひでーことしたのお前だろ
聞けば、傷ついた律っちゃんが高野編集長に回し蹴りして次の日から失踪したんだって。どうやら、律っちゃんが一方的に振ったってことね。
律っちゃん、肝心のとこさえ忘れとーたのかい(ー▽ー;)
高野編集長はエリベーターに乗って律っちゃんにこう言い残す。

高野編集長:どんな恋愛してもオレはお前が忘れられなかった。

























だからもう一度オレを好きって言わせてやるよ。覚悟しとーけ
高野編集長、今の口説き文句すごーーーーーー(≧∀≦)ーーーーーーッ!!
律っちゃんの心奥から初恋のときの感触と重なってドキドキ
律っちゃんどーする?





















好きと言わせるだと?言う訳ね―だろ!!
律っちゃんの意地っ張り(^_^;)


 転職に兼ねて引っ越しを済ませた律っちゃん。心身クタクタになりつつも外へ出たら、高野編集長とバッタリ
実は高野編集長もこのマンションの住人でしかもお隣(^0^)

高野編集長:告白しに来たのか?気が早いな・・・まあ、オレは別にいいけど
律っちゃん:はあ?何ですかそれ!あ、あり得ないですから
高野編集長の平然な態度にムッとしたのかすぐに戻る律っちゃん。


律っちゃん:これは恋じゃない!恋じゃない!これは絶対恋じゃなーい(><)
今すぐ引っ越ししたいとページめくりまくる。
って引っ越しする金がないんじゃ・・・
ともあれ、律っちゃんが高野編集長に再び恋するカウントダウン発動するのであった



<本日の勤務内容>
高野編集長と同行でマンガ家宅訪問
スランプに陥ったマンガ家をなだめる
トーン貼り&写植

<純情ロマンチカからの共演者>
なし

<ゲスト>
マンガ家:くまいもとこ(ハートキャッチプリキュア!コフレ)
アシスタントA:清香えり
アシスタントB:藏合(ぞうごう)紗恵子
アシスタントC:美名(そらのおとしものシリーズ見月そはら、いつか天魔の黒ウサギ時雨遥)
引っ越し業者A:鷹野 晶
引っ越し業者B:山本和臣


脚本:中瀬理香 絵コンテ:藤原良二 演出:小野田雄亮 総作画監督:菊地洋子、安田京弘 作画監督:Kim Hyun ok 作画監督補佐:藤本真由 原画:16人(内外国人7人)動画検査:Park Young-hee 動画:6人(すべて外国人) 色指定・仕上検査:佐々木 梓
 仕上:4人(すべて外国人) 撮影:スタジオトゥインクル(4人) 制作協力:GONZO
制作進行:尋田耕輔


 律っちゃんが高野編集長にと思ったら、初恋の人だった。高野編集長は今でも律っちゃんの事が好きと言ってるけど、律っちゃんの意地っ張り何処まで続くかな高野編集長の口説き文句にキュンモードの律っちゃんとても可愛かった(^0^)


<CM>



<世界一初恋グッズ>
世界一初恋 ~小野寺律の場合~ (あすかコミックスCL-DX)
角川グループパブリッシング
中村 春菊

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界一初恋    ~小野寺律の場合~ (あすかコミックスCL-DX) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



<次回予告>
In love there is both dotage and discretion.
高野編集長に口説かれた律っちゃんにライバル降臨
その相手は高野編集長の旧友兼営業部の・・・


<丸川書店用語集>
丸川書店営業部
出版社丸川書店から刊行される本の流通販売を一手に担う部署のこと。営業部に逆らうと本を売ってもらえなくなるという噂が社内にあるほど権力を持っている部署らしい。コミックス関連は「エメラルド」編集部の編集長の友人でもある。
もうちょいでジャストミート

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 世界一初恋 #2「A man has free choice to begin love but not to end it.」
  • Excerpt: 「俺はお前が忘れられなかった」 ≪恋は自由に始められるものの、 終わらせるにはそうはいかない。≫ なるほどサブタイトルは英語のことわざシリーズだったのか、と今更気付く。  ↓  ↓
  • Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
  • Tracked: 2011-04-21 17:53
  • 世界一初恋 第2話
  • Excerpt: 第2話 「A man has free choice to begin love but not to end it.」 中村春菊先生お得意の「認めそうになるのに認めたくない」展開入りまし..
  • Weblog: いま、お茶いれますね
  • Tracked: 2011-04-21 18:05
  • 世界一初恋 第2話
  • Excerpt: 雑誌の入稿作業に突入したエメラルド編集部。 新米少女漫画編集者となった小野寺律は、編集長の高野政宗と 漫画家の仕事場へ同行するハメに。 ところが、締切に追いつめられパニックする漫画家を目の当たり..
  • Weblog: ぷち丸くんの日常日記
  • Tracked: 2011-04-21 20:42
  • 世界一初恋 02話
  • Excerpt: 『A man has free choice to begin love but not to end it.』
  • Weblog: 本隆侍照久の館
  • Tracked: 2011-04-21 21:21
  • 『世界一初恋』#2「A man has free choice to begin love but not to end it.」
  • Excerpt: 「記憶から必死に抹殺した俺の初恋!」 これは恋じゃない!! 夢で自分の担当した小説が売り上げ上位を占めた夢を見る律。 って、その本が宇佐見秋彦って!ウサギさんの名前だったのに驚いたんですけど..
  • Weblog: ジャスタウェイの日記☆
  • Tracked: 2011-04-21 22:10
  • 世界一初恋 第2話「A man has free choice to begin love but not to end it.」
  • Excerpt: これは恋じゃない――! 悪い夢で目醒めた小野寺…仕事に行っても悪夢だったw 締め切りをブッチギリに越えた作家さんの支援に借り出され。 編集さんまで手伝う事態って(苦笑) ▼ 世界一初恋 第..
  • Weblog: SERA@らくblog
  • Tracked: 2011-04-22 00:02
  • 世界一初恋#2 「A man has free choice to begin love but...
  • Excerpt: 律っちゃん・・・あんたってコはなんて(素敵な)夢をwww  原作にないこんなシーンにセカコイスタッフさんの愛を感じるw ありがとう、スタッフさんw 日光東照宮が見せ場の少女マンガが気になる..
  • Weblog: 4月の森
  • Tracked: 2011-04-22 20:24
  • 世界一初恋 2話
  • Excerpt: 第2話 「A man has free choice to begin love but not to end it.」 勘違い 思い違い 取り違い ともかく、小野寺律の場合、そんな違いで..
  • Weblog: ワタクシノウラガワR
  • Tracked: 2011-04-22 20:38