2010年1-3月期アニメ評価(3)はなまる幼稚園







評価項目は、「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の主催によります。


・はなまる幼稚園
12話すべて視聴しました。

ストーリー:4点
 幼稚園児の物語で取っつきにくいと思いきや、土田先生の苦労話でした。

キャラクター性:5点
 杏・柊・小梅それぞれ個性が強くて、もうたまりません。山本先生はARIAのウンディーネだし、キャラがよかったです。

画:4点
テレビ東京の地デジで録画しました。画はまあまあ、人物が「まほろまてぃっく」に似ていたような気が・・GAINAXですからね・・。

演出:4点
 おもしろさに加えてオチが多量に・・文句はありません。

音楽:4点=>5点(ボーナスポイント)
 EDが1話ごとに違っていたのにビックリしました。かなり気合いが入っていました。

総合的な評価:4点
 杏の妄想に付き合わされましたあ。もう言うことはありません。

合計:26点

曲がいけていましたので ちょっと紹介
<オープニング>
「青空トライアングル」(N)/ 杏(真堂圭)、柊(高垣彩陽)、小梅(MAKO)
イメージ:ビジュアル (しるばにあ評価:3)
☆オープニングはそれなりに良かったです。インパクトはあまりありませんでした。

<エンディング>
いち「笑顔ならべて」(N) / 杏(真堂圭)、柊(高垣彩陽)、小梅(MAKO)
イメージ:ビジュアル (しるばにあ評価:3)
☆3人で歌ったもの・・まあまあでした

に 「キグルミ惑星」(コ) / 柊(高垣彩陽)
イメージ:ボーカル (しるばにあ評価:5)
☆さすが声楽科出身!エンディング映像がマッチして良かったです

さん「草の指輪 花の冠」(N)/ 山本先生(葉月絵理乃)
イメージ:ボーカル (しるばにあ評価:4)
☆山本先生はやはり癒し系・・優しそうだ・・。

よん「発動!!らぶビーム☆」(N)/杏(真堂圭)
イメージ:ビジュアル (しるばにあ評価:5)
☆杏のキャラソング。憂さ晴らしの歌です。一番これが良かったな。

ご「あのねきいてね(W)/小梅(MAKO)
イメージ:ボーカル (しるばにあ評価:3)
☆小梅のキャラソング。結構しっかりした歌詞が特徴です。

ろく「ハートの法則」(W)/さつき(廣田詩夢)
イメージ:ダンス (しるばにあ評価:3)
☆さつきのキャラソン。テンポが速かったのでイメージをダンスにしました。

なな「黒ネコのジャズ」(N)/土田先生(日野聡)、さつき(廣田詩夢)
イメージ:ボーカル (しるばにあ評価:4)
☆大人っぽい雰囲気で良かったです。

はち「撫子ロマンス」(N) / 雛菊(伊瀬茉莉也)
イメージ:ビジュアル (しるばにあ評価:3)
☆雛菊のキャラソング。春日野うららのうたじゃなかったんですね・・

きゅう「黒糖ドロップ」(N)/山本先生(葉月絵理乃)、真弓(斎藤千和)
イメージ:ボーカル (しるばにあ評価:3)
☆なんかのどかな感じ、まあまあの出来です。

じゅう「僕の忘れもの」(N)/土田先生(日野聡)
イメージ:ボーカル (しるばにあ評価:3)
☆土田先生のキャラソング。ゼロの使い魔の才人くんがうたったのと同じだ・・。

じゅういち「Yes, We Can!!」(W)/草野先生(水原薫)、川代先生(若林直美)
イメージ:ダンス (しるばにあ評価:3)
☆オバマ大統領が言った言葉そのものじゃん!珍しい歌です。

じゅうに「せかいでいちばん」(N)/杏(真堂圭)、桜(本名陽子)
イメージ:ボーカル (しるばにあ評価:3)
☆杏とそのお母さんの歌。まあ最後は良い雰囲気でした。

(挿入歌)「優しい陽だまり」(N)/山本先生(葉月絵理乃)
イメージ:ボーカル (しるばにあ評価:3)
☆山本先生のキャラソング。ウンディーネの歌は良いなあ

*括弧内は作曲者
(N)NARASAKI (W)WATCHMAN (コ)コジマミノリ


輝いていた人:杏(真堂圭)
土田先生を一途に思う気持ちは宇宙一かもしれません。

ベストエピソード:第4話(A)「はなまるなデート」
自由遊びの時間が終わったあとの杏が面白かった。その後のセリフは聞きごたえあり!
第6話(A)「はなまるなプール」
なんとかして土田先生を振り向かせようとしたが、結局山本先生の色気に土田先生はメロメロだったようです。


コメント
 幼稚園児アニメ。まあ幼稚園の裏やその女児の一途な想い・・やはり土田先生を思う杏は凄かった・・。


・管理人総合評価
A+(26点):もう一度見てみたい

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック