映画 「ふたりはプリキュア Max Heat」 感想



本日は、フレッシュプリキュア!の放送がありません。
その代わり、CSテレビ「アニマックス」でふたりはプリキュアの映画版の放送が
ありましたので、こちらの感想を掲載します。

<コメント>
 希望の園の戦士達は、すべてカエル・・。カエルのキャラが多かったこの映画・・。
ザケンナーの目的は、リングよりもプリキュアではないかと思われるのですが・・
どうも戦闘ばっかりが焼き付いていました。
ダイヤモンドラインをまもるため立ち上がる戦士とプリキュアの活躍ぶりは好かったです。
「かえるぴゃこぴょこみぴょこぴょこあわせてぴょこぴょこむぴょこぴょこ」
なんかいもいっていまさしたねえ。
海賊船・・ワンピースを真似しているような気がしてなりません。
 お菓子の半額セールをやっていた・・なんか話になっていなかったような気がしました。

<主役>
希望の園の女王(工藤静香)
希望の園の戦士達

<映像フォーマット>
16:9 2chステレオ ビスタサイズ

<対決キャラ>
ザケンナー(魔女)


<変身パターンと時間>
ほのか・なぎさー>プリキュア(一斉)57秒
(経過時間:6:40ー7:37)
ひかり->プリキュア(単独)1分00秒
(経過時間:7:38ー8:37)
ひかり->プリキュア(単独)28秒
(経過時間:30:02ー30:30)
ほのか・なぎさー>プリキュア(一斉)35秒
(経過時間:32:41ー33:16)

<上映時間>
70分

<決めわざ>
ブラック・ホワイト:マーブルスクリューマックス
(経過時間:44:20ー45:00)
ブラック・ホワイト・ルミナス:エキストリーム
(経過時間:64:00ー65:08)

<戦闘時間>
前半 34秒
(経過時間:8:37ー9:11)
中盤 3分16秒
(経過時間:30:30ー33:46)
後半(*) 23分10秒
(経過時間:42:08ー65:18)


(*)間に話が挟まっていたため、この時間は、グロスタイムとなりました
やはり映画は長かった・・。

<演出>
志水淳児

<脚本>
羽原大介

<公開日>
2005年4月16日

<制作>
2005 ふたりはプリキュアM製作委員会
東映アニメーション(制作元)
東映(制作協力)
バンダイ(グッズ制作元)
アサツー ディ・ケイ(広告元)
ABC(放送元)
マーベラスエンターテイメント(DVDCD発売元)

<主題歌>
OP「Danzen ふたりはプリキュア」Max Heart Version /五條真由美
挿入歌:「希望の涙」/五條真由美
ED「心のチカラ」/工藤静香


<DVD>
映画ふたりはプリキュア・マックスハート(初回限定版)」「通常版」(2005/8/18発売)


*時間については、CSテレビ「アニマックス」でやっていた放送をもとに計測しました。
CMが入る時間を含んでいます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック