黒執事 #23その執事、炎上

 ロンドンにたどり着いたシエル坊ちゃまは、街全体が炎上している光景に唖然とするメイリンから事情をきいて、行動にでたのは

<本日の来訪者>
なし


炎上したシエル坊ちゃまの屋敷は、半焼失ですんだ
タナカさん:私がファントムハイヴ邸にお仕えして二度目の炎。私は綴るしかできません。
       このやお屋敷での物語を・・・。それが私の役目・・・ですが・・・それも終わりです。
長年屋敷に仕えてたタナカさんは、これまでの出来事をノートに書き込んでたファンとハイブ家が最後を迎えると部屋から出ていった


 船底に積んである荷物陰にシエル坊ちゃまがいた
そりゃ、無一文だから、密航するんですもの
密航者がもう一人・・・


















あら~、葬儀屋さんじゃない
何しにロンドンへ
えっ、ロンドンで大量の魂を回収するのに人が足りなくって、ウイリアムにシネマティクレコードを借りっぱなしにしてた付けで応援を要請されたんだって
葬儀屋さん、シネマティックレコードをちゃんと返しましょうね(^_^;)
 1人の乗客がロンドンが赤く燃えているのを発見
葬儀屋さんからシエル坊ちゃまにこんなことを・・・


葬儀屋さん:キミはもうすぐ・・・死ぬよ
不吉な予言にシエルぼっちゃんは動揺を隠せなかった
セバスチャンさんに魂を狩られる事かそれとも・・・


 ロンドンの裏地にグレルがいた
プルートゥの咆哮を聞いて・・・

グレル:ああ~忌まわしい。
今回のグレル、バカにマジだわ
プルートゥが暴れt出して、口から出る炎でロンドンの街を火の海に


 女王の部屋でアッシュさんは床に横たわってる女王に報告する


アッシュさん:陛下、聖なる炎による大地の救済が始まりました。
仕向けたのはやはり、ヴィクトリア女王様&アッシュさんでしたか
女王は体中が痛いとアッシュさんに診てもらう






げげぇーーーーーーーーッ女王の体を縫い合わせていた夫の体が腐食してる/(°Д°;)/
アッシュさんはその体を浄化しようとするが・・・

ヴィクトリア女王:あの人の浄化は必要ないの。そのままがすばらしいのよ。
愛夫の存在を消したくないと拒否する
そんな女王に対して・・・


アッシュさん:におう・・・不浄ですね・・・
女王を見下ろすアッシュさんの瞳は氷のように冷たかった

アッシュさん:女王といえどもやはり人間。何と愚かなのでしょう。そして悲しい。この堕落した地が抱える。
        すべての涙は人間が男と女に分かれたときから始まった。
         いくら情けをかけてもやはり人間ではダメなのですね・・・。
女王に仕える理由がなくなったと燃え上がってる街へ飛びだった
 船がロンドン入り江に近づかず、うろついてた。シエル坊ちゃまはロンドンへ急ごうと通りかかった小型船に乗り換えようとファントムハイヴ家に伝わるブルーダイヤをボート貸し代として船員に手渡した


 ロンドンにたどり着くと住民たちがロンドンを放火したのは英国に侵略してくるフランス人の仕業だと暴動を起こした奥へ行くと建物が炎上、力尽きた住民たちの遺体がごろついてた建物の一部がシエル坊ちゃまの頭上に当たるとこをメイリンに助けられるシエル坊ちゃまがここにたどり着いているとこをアッシュさんともう一人・・・

















えっ



















ええええええええええええッ!!セバスチャンさんじゃないですかぁ~/(°Д°;)/

セバスチャンさん:そろそろチェックメイトが迫って参りました。あなたならどうします、坊ちゃん?
と心の中でシエル坊ちゃまの様子を見下ろしてた
シエル坊ちゃまのもとから離れたのには、何かわけがありますね~


アッシュさん:私は考えたのです。新たに生まれた正常なる大地に住まうこの世界の支配者として
        あなたと一つになっても・・・
人間を愚かなる存在だと共感するセバスチャンさんと取引
アッシュさんがセバスチャンさんと・・・ってまさか(^_^;)
アッシュさん:お望みならば私が・・・女としてあなたを受け入れることもできます。












ギャー―――――――( ̄□ ̄;)―――――――――――ッ!!






アッシュさんの体がぁ~アッシュさんの体がぁ~!!





アンジェラの体にぃーーーーーーーーーーーーーーっ!?/(°Д°;)/
アッシュさんとアンジェラは同一人物・・・つまり両性型天使だったんですね(^_^;)
ってセバスチャンさんの前で普通、堂々と見せびらかしますか


 バルドとフィ二は暴走しているプルートゥを止めようと悪戦苦闘

バルド:オレたちは屋敷を守るために雇われてるってのに・・・どうせ手も足も出ねえなら・・・
フィ二:守りたいのはお屋敷だけじゃないよ!ボクはお屋敷の笑顔をお屋敷での日々を守りたいんだよ!
シエル坊ちゃまの屋敷にすんでいるみんなを誰一人失いたくないと強く主張
 メイリンから事情を聴いたシエル坊ちゃまが来て、×トリオに命令する


シエル坊ちゃま:魔犬を殺せ!お前たちの手で!!
実弾でプルートゥを撃てと。
×トリオは初め、プルートゥを殺すことにためらっていたが、自我を失ってしまったプルートゥを救い出そうと


×トリオ:イエッサーーーーーッ!!
 シエル坊ちゃまの今の行動にアッシュさんは・・・

アッシュさん:流石は悪魔を召し抱える身だっただけの事はある。非情かつ酷薄。救いようのない魂です。
自分と一つになろうとセバスチャンさんの方を向いたら・・・・













アッシュさん:そうですか・・・やはり天使と悪魔は幾年を巡っても対峙せねばならぬ運命・・・。
セバスチャンさんに振られましたか(^_^;)
アッシュさんの髪型が雑


 シエル坊ちゃまは女王のとこに会いに行こうと馬に乗って駆ける
シエル坊ちゃまの顔つきが雑


シエル坊ちゃま:どうせ死ぬなら・・・あいつの望む魂で死にたい
 門番に面談を申し込むが、城全体が止まってて、誰ひとり動かない状態罠かもしれないと思いつつ、女王がいる部屋に入ると・・・












ヴィクトリア女王様が血涙を流したまま崩御す!?
 アッシュさんに夫を救ってくれいともはや死ぬしか道がなかったと・・・
オルゴールの音が鳴り止んだと同時に一人の侍女に目撃され、女王殺害犯の濡れ衣を着せられ、近衛兵たちに取り囲まれた
 女王の番犬でも、駒を動かすプレイヤーでもなく自身の意思で行動するシエル坊ちゃまだが・・・















近衛兵の一発の銃弾がシエル坊ちゃまの左横腹に貫通!?













そのまま倒れて、流れていく血で紋様を描いた











シエル坊ちゃま:こんなところでは終わらない!
右眼に刻印されている紋様が光り出す

















『お目覚めですね、坊ちゃん・・・』
この声は、現か幻か













 近衛兵たちがシエル坊ちゃまを狙って、一斉に銃を発砲
もはやこれまでかと・・・・
























セバスチャンさん、再降臨!?

近衛兵たちが放つ銃弾をすべて受け止めてる/(°Д°;)/
これを近衛兵たちに向けて、投げ返す
実弾を撃ったスピードで近衛兵たちを倒した

セバスチャンさん:坊ちゃん、勝手にお暇をいただき申し訳ありませんでした。
シエル坊ちゃま:何を・・・してた?
セバスチャンさん:ええ、最後の晩餐の下ごしらえを。甘く、辛く・・・時に酸っぱくさまざまな香辛料を使い熟成を
           重ね・・・。おかげさまで最高の魂・・・最高の晩餐が楽しめそうです。
シエル坊ちゃまとの距離を置いたのは、シエル坊ちゃまが自身の意思でどのような行動に出たのかとずっと見てたんですね(^_^)
セバスチャンさんの顔つきが雑
シエル坊ちゃまはセバスチャンさんに命を下す


シエル坊ちゃま:あの虐殺天使のもとへ!
セバスチャンさん:御意。

一人残った近衛兵がセバスチャンさんを見て、人間ではないとおびえる


セバスチャンさん:ええ・・・私は、悪魔で執事ですから。


 住民たちの体から黒いオーラが立ち上り、アッシュさんの体に注入する

アッシュさん:ふふふ・・・集まってくる。不浄の絶望は巡り巡って聖なる希望と変わる・・・
あまりの心地よさにアッシュさんは狂喜になるのであった


悪魔VS天使の最終決戦が間もなく始まる


脚本:岡田磨里 演出・絵コンテ:大久保富彦 総作画監督:芝美奈子 作画監督:徳田夢之助
原画:16人、箐画舎、スタジオクリエイト 第2原画:2人、武遊、ハヤシ
動画:プロダクションリード(2人)、R.I.C、ファンアウト、スタジオB


 セバスチャンさんがいなくなった後のシエル坊ちゃまが意思の行動に出たとこが、セバスチャンさんが帰ってきたきっかけであり、契約通り魂をくれる覚悟の決め手だった
 アッシュさんとアンジェラが同一人物で人を救う役割がロンドン炎上で住人達が苦しんでいる様を楽しむとは、まさに残酷な天使(><)
 シエル坊ちゃまとセバスチャンさんは最終決戦に向けてアッシュさんのとこへ行くけど、この先どうなるか最後まで見るしかないでしょう


次回、#24その執事、㴞㴞(とうとう)
 アッシュさんとの最終決戦の行方は
そして、×トリオはプルートゥを仕留めたのか











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ピッコロ

    こんばんは、いつもTB等でお世話になっております。
    「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
    記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。

    今回、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?4」という企画を立ち上げましたので少し宣伝させてください。


    今期放送中の幾つかのアニメが最終回を迎えますが、それらの作品に限りブロガーの皆様に点数で評価して頂き、その平均点を算出してみたいと思っております。
    最終回まで視聴された作品のうち幾つでも構いません、もしこの企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。

    詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

    http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51219033.html


    宣伝大変失礼いたしました。今後も色々とお世話になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
    2009年03月31日 02:18
  • かのん

    黒執事よかったですね♪
    アッシュ好きだったのに…女って!
    何その設定!失恋したよ~
    2009年03月31日 12:02
  • しるばにあ秘書

    かのん様
    こんにちは。
    コメントいただきありがとうございます。

    >アッシュ好きだったのに…女って!何その設定!失恋したよ~

    黒執事アニメスタッフの都合ですから・・・


     私から見た、アッシュさんの第一印象は裏表がなく、ミステリアスな方。
    アッシュさんの顔がアンジェラと似てたので初め、双子かと思いましたが、ヴィクトリア女王様の体やシエル坊ちゃまの父親の顔を縫い合わせたという事実にもしやと。
    2009年04月01日 12:51

この記事へのトラックバック

  • 「黒執事」第24話(終)
  • Excerpt:   第二十四話:「その執事、滔滔」(終)ロンドンの建設中のタワーブリッジの上に立っているアッシュ。セバスチャンはシエルを抱き、アッシュのもとへと急いだ。タワーブリッジの上、対峙する両者。シエルの口から..
  • Weblog: 日々“是”精進!
  • Tracked: 2009-03-30 12:22
  • 黒執事 第23話「その執事、炎上」
  • Excerpt: 黒執事の第23話を見ました。第23話 その執事、炎上『私がファントムハイヴ邸にお仕えして二度目の炎を、私は綴るしかできません。このお屋敷での物語を。それが私の役目、ですが…それも終わりですね』万博で起..
  • Weblog: MAGI☆の日記
  • Tracked: 2009-03-30 12:40
  • 黒執事 第23話 「その執事、炎上」
  • Excerpt:  燃え残った部屋の一室でリアルタナカさんは日記を綴っていました。自分には記録することしか出来ない、しかしその役目ももう終わりだと……。  なんとかロンドン行きの船に潜り込んだシエル。そこに突然現..
  • Weblog: たらればブログ
  • Tracked: 2009-03-30 12:50
  • 黒執事 第23話「その執事、炎上」(感想)
  • Excerpt: こちらは感想です(内容)子どもの春休み期間に付き簡単感想で済ませるつもりでしたが、期せずして下の子が今日は夕方まで学校の様なので(期せずしてお弁当でもあったけど…)しっかり録画を見返しました!上の子も..
  • Weblog: からまつそう
  • Tracked: 2009-03-30 13:03
  • 黒執事 #23.
  • Excerpt: 「その執事、炎上」 アッシュ=アンジェラ=♂=♀=天使。対するのは、セバス=♂=
  • Weblog: 色・彩(いろ・いろ)
  • Tracked: 2009-03-30 13:06
  • 黒執事 第23話「その執事、炎上」
  • Excerpt: 「命令だ、僕をあの虐殺の天使の元へ!」 女王殺しの罪を着せられたシエルの元に、セバスチャンが現れる話。 今回でアッシュとアンジェラ...
  • Weblog: 日記・・・かも
  • Tracked: 2009-03-30 13:33
  • 黒執事 23話「その執事、炎上」感想 長文 ネタバレあり
  • Excerpt: もう~ 今回は ラブラブ見せ付けられっぱなしでしたwwwそうよねぇ~~そういうことよね!やっと アニメの終着点が見えました。途中いろいろ思うところはあったけど、これでラストを楽しみにできます。今回特に..
  • Weblog: 薔薇色のつぶやき
  • Tracked: 2009-03-30 13:36
  • 『黒執事』#23「その執事、炎上」
  • Excerpt: 「伯爵、君はもうすぐ死ぬよ」 何とかロンドンへ向う船に乗り込んだシエル。 なぜかそこで葬儀屋と出会い、不吉な言葉を告げられた…。
  • Weblog: ジャスタウェイの日記☆
  • Tracked: 2009-03-30 14:39
  • 黒執事 #23「その執事、炎上」
  • Excerpt: アンダーテイカーがシエルにくれた食べ物が非常にアヤシイ(笑) ”ほねっこ”に見えて仕方アリマセン。 (ゴン太の) ほねっこ B-2000 ...
  • Weblog: マンガに恋する女の ゆるゆるライフ
  • Tracked: 2009-03-30 15:45
  • 黒執事#23「その執事、炎上」感想
  • Excerpt: セバスチャンと分かれたシエルが見たものは燃え上がるロンドン!不浄な世界を灰に!「その執事、炎上」あらすじは公式からです。焼け落ちてしまったファントムハイヴ邸。タナカが焼け跡のなかで、一人日記を綴ってい..
  • Weblog: おぼろ二次元日記
  • Tracked: 2009-03-30 15:53
  • 黒執事#23
  • Excerpt: 「ええ、私はあくまで執事ですから」 「伯爵、君はもうすぐ、死ぬよ」 ロンドンに向かう船に密航したシエル。 その前にアンダーテイカーが現れる。 炎上するロンドンの街。 黒執事 ..
  • Weblog: 桃色のラボラトリー
  • Tracked: 2009-03-30 15:54
  • 黒執事 23話「その執事、炎上」
  • Excerpt: 前回セバスチャンに見放されたシエル、こっそり船に潜り込んだはいいけど、 そこでアンダーテイカーさんに会ったり、ロンドン大炎上を見たりとなんか凄い事に(・□・) この惨状の原因はもちろんアッシュの仕業..
  • Weblog: まざまざの萌えを叫べ!
  • Tracked: 2009-03-30 19:57
  • 黒執事 第23話「その執事、炎上」
  • Excerpt: 最後は初期編と同じ怖さで締めるようで。 アンジェラとアッシュが同一体だったとは。 同時にしゃべるのシュールすぎる… いろんな意味で天使の品格落としまくり。 悪魔誘惑してるし(;^_^A ..
  • Weblog: のらりんクロッキー
  • Tracked: 2009-03-30 20:16
  • 黒執事 第23話「その執事、炎上」
  • Excerpt: 今回のお話は、ロンドンの町がトンデモなことになってしまうってなお話でした。 いや~、先週からの怒濤の展開には唖然のひと言。 今までののん気な雰囲気はどこへ行ってしまったのやら・・・・・。 船..
  • Weblog: ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館)
  • Tracked: 2009-03-30 23:08
  • 黒執事 23話
  • Excerpt: アンジェラ=アッシュという事でしたな。 まぁ天使なので、そういう事も考えてたけど。(20話の感想で書いてたw) ロンドンが火の海ですよ(;´д`)? しかも、つぎはぎの女王様が、死んじゃってますよ? ..
  • Weblog: ふしぎなことだま
  • Tracked: 2009-03-31 00:06