かみちゃまかりん 第26話時空の迷い子たち

 かみちゃまかりん最終回。OP映像一部変更とED映像がいつもとがらりと変わっているため、あわせて公開。そして、アニメーション制作:サテライトからの新作アニメがこの秋からスタート宣伝模様も公開するよ。


<OP画像より>
かけていた2枚写真を公開される。キリオの左隣には髪の毛を伸ばした霧火、もう1枚は花鈴ちゃんの左隣に和音くんが写ってる。


<サテライトから秋の新番組宣伝>

あむちゃん:アタシ、日奈森(ひなもり) あむ 聖夜学園小の5年生
あむちゃんが願いを込めて祈ってるところ、3人のしゅごキャラが登場!?
しゅごキャラ1:アタチたちはあむちゃんのしゅごキャラ!
しゅごキャラ2:信じて可能性!
しゅごキャラ3:なりたい自分
ピンクのしゅごキャラ(チアガール)・ブルーのしゅごキャラ(画家)・グリーンのしゅごキャラ(メイド)
あむちゃん:新番組しゅごキャラ!(3秒間空)見てね!!
えっそれだけで終りなの3人のしゅごキャラのセリフってまさか、どっかの回から抜粋して、そのまま貼り付けてるだけではないんでしょね
<放送開始>
テレビ東京10/6 9:30~10:00 
テレビ瀬戸内・TVQ九州放送10/7 7:00~7:30
テレビ大阪10/7 10:30~11:00 
テレビ愛媛10/14 6:30~7:00
テレビ北海道10/14 7:00~7:30
三重テレビ10/18 17:00~17:30
宣伝観賞はこの話のレビューした後に書くからね。


<本編>
 花鈴ちゃんと和音くんはキリオが身に付けているゼウスの指輪を壊して、2人のヒメカちゃんを助け出そうと立ち向かうキリオは、ゼウスの指輪で・・・

キリオ:全知全能の神ゼウスよ・・・我に力を!?
赤い光が立ち上り、上空から雷光が舞い降りキリオを包み込む最強の剣を手にする。神化かなと思って楽しみにしていたのに
花鈴ちゃんと和音くんは総攻撃でキリオに突進するが、剣の前では全く歯が立たず、はね返される
 その戦いをどこからか空間に閉じ込められた2人のヒメカが見ていた。妃路ちゃんは、この戦いが終わってしまったら、どちらかのヒメカが消えてしまうのではと不安になるが、姫香ちゃんは花鈴ちゃんたちが2人のヒメカを助けるために戦っていると花鈴ちゃんたちを信じていた。
姫香ちゃんの顔つきが違ってるキリオが戦っている姿を見た妃道ちゃんは、自分がしているキリオではないと見抜く。そう、キリオの体はキリオ・霧火の父親桐彦にのっとられている。
 キリオとの戦いに苦戦する花鈴ちゃんと和音くん。和音くんは、キリオの挑発に乗り、ロッドで直接攻撃するが、キリオが持っている剣で防がれ、体制を崩す剣で和音くんをしとめようとするが、花鈴ちゃんのロッドで阻止される。剣の力で必死に防ぐ花鈴ちゃん。

キリオ:ほう・・・受け止めるとはな だが、このゼウスの力にどこまで耐えられるのかな
顔をゆがめながら、不敵に微笑むキリオに花鈴ちゃんは、自分のロッドで剣と交わしながら
言う。
花鈴ちゃん:どうして、そんなに神様の力が欲しいの? そんなに強くなって何がしたいの!?
       神様の力をこんな風に使うなんて・・・間違ってるよ
       こんな戦いもう止めて! お願い考え直して!
花鈴ちゃんの願いは虚しく、キリオの攻撃によって倒されるキリオは、花鈴ちゃんが身に付けてある指輪(ペンダント)を奪い取り、花鈴ちゃんの前で指輪を壊す花鈴ちゃんの神化姿が、元の姿に戻ってしまった。


 時計台の音がなったと同時に花鈴ちゃんの瞳の奥から、桜の木の下で赤い傘差す1人の女性の姿が現れる。何となくついて行くと。裏庭で九条教授(和人)とその妻とそして2人の間に出来た赤ん坊が写真で撮っているとこる目にする。九条教授の妻はその赤ん坊を『姫香』と呼んでいる。このことから、姫香ちゃんが持っている写真と同じものだと気づく
 別の場面に移って、桜の木の下で九条教授は、妻に言う。

九条教授:神化研究の暗号は、姫香に隠した・・・ だが、烏丸は隠し場所を調べるために私を       狙ってくるだろう
九条教授の妻:そんな・・・!
九条教授:キミも危ないかもしれない 今の烏丸は何をしてくるか分からない・・・ 神化研究を
       使えば、キミを子供の姿に戻せる キミは姿を変えて離れたところに隠れて欲しい
       守るためなんだ
神化研究データを持っている幼い姫香ちゃんを守るため、自分の妻を神化能力に加え、子供の姿に戻すしかないと告げる
九条教授の妻:私、自信あるの! たとえ、時を越えても・・・私は絶対にあなたを忘れないわ・・
とにっこりと微笑み、協力すると決意する
これが、2人の最後のひと時だった。
 数日後、九条教授の妻は、夫の手により赤ん坊の姿に戻され、一切の記憶を失った自作の指輪をちっちゃな手で握り締める。その子は、無邪気に笑ってた

九条教授:きっとまた会える・・・
この言葉を信じてそう誓う九条教授。
ここまでの経緯を知る花鈴ちゃん。
女性が止まり、花鈴ちゃんの方に振り向く。女性の素顔を見た花鈴ちゃんは全てを思い出した
その女性は、九条教授の妻・九条 鈴花であり、自分自身だった姫香ちゃんが、九条教授(=和音くん)と鈴花(=花鈴ちゃん)の子供であった
あれ、九条夫妻と一緒に手をつないだ姫香ちゃんってそのときは、2・3歳くらいだったよね。
だったら、花鈴ちゃんは、姫香ちゃんより年下のはずよ



 花鈴ちゃんのロッドが2人のヒメカちゃんの前にある壁画に残す。姫香ちゃんは、花鈴ちゃんの指輪を壊されらせいで胸に締め付けられそうな痛みを襲う妃路ちゃんは姫香ちゃんの背中をゆすりながら・・・

妃路ちゃん:あなたも辛かったんだね・・・ 私もずっと寂しかった・・・ キリオちゃんと
       霧火ちゃんがいないと1人じゃなにも出来なくって・・・
妃路ちゃんにとってかけがえのない家族を失いたくないと。
姫香ちゃん:妃路ちゃんの気持ち分かるよ だって私たちは同じだもん 守ってもらうだけ
       なんて悲しい・・・ 私も和音ちゃんや花鈴ちゃんの力になりたくてここまで
       来たのに・・・
妃路ちゃん:私も元気になって、1人でちゃんと自分で自由に生きたいの
互い顔を合わせてにっこりと微笑む


 キリオの目が金色に変わる。キリオは、和音くんの指輪を壊そうと対峙する

キリオ:お前の指輪を壊せば、私の勝ちだ 九条、さっさとケリつけようぜ
和音くん:おう! オレの体は、神化用にいじってあってな、瞬間的に普通の神化の何倍もの
      力が出るようになってんだ!
和音くん、普通の神化と違う証拠でもあるのそのシーン一つも出てきてないんだけど・・・
花鈴ちゃんの制止を無視して、キリオからの県から出てくる衝撃波をかわし、キリオを捕らえ攻撃する。和音くんからの攻撃を受け、キリオは壁にたたきつけら、すかさず和音くんはロッドで突き出し、ゼウスの指輪を奪おうとした矢先、和音くんの体力に限界を感じ、倒れてしまった形勢逆転したとキリオは倒れている和音くんに攻撃し様と迫る。間一髪で花鈴ちゃんは、和音くんののロッドで防いだキリオからの攻撃を必死に堪える花鈴ちゃんですが、力の差でロッドを落され、その場で倒れる。そのとき、和かに意識を戻した和音くんは・・・
 花鈴ちゃんが倒れる横顔が突然大人っぽくなってるし、和音くんが仰向けに倒れているときの顔が違ってる

和音くん:きれいだな・・・その格好・・・お姫様みたいだ・・・
花鈴ちゃんの今着ているのを見て初めて本音を言った
 和音くんは、この前の聖英コンクールの劇を思い出す。兄王子が姫の腕の中で力尽きるシーンを・・・
※詳しくは第19話を参照
 花鈴ちゃんと競演してて本王に楽しかったとそして、あのラストシーンのように終わってしまうのではと和音くんは言う。ラストシーンと同じになるなんていやだと花鈴ちゃんは、和音くんに呼びかけるが、すでに意識なく泣き崩れる。
背後からキリオが2人を消そうとゆっくり迫る

花鈴ちゃん:和音くん・・・ごめんね 姫香ちゃん・・・ごめんね 私はもう何もできない・・・
自分の力では成す術もないと諦め用としたとき・・・


『諦めちゃダメだ!』


 叫んだと同時に時計台を残して、廃墟になった街が何もない風景に変わる。その影響か、
キリオの身の異変が・・・どういうこと
さっきの声の主はなんと消えたはずのミッチーだったミッチーの指輪の力で花鈴ちゃんと合流できたミッチーの指輪とゼウスの指輪が抗うように光出す

キリオ:私の邪魔をするものは誰であれ許さん! (`□´#)!!X50
キリオの高笑いとともにオーラが立ちこもる
キリオ:今度こそ息の根を止めてやる ウォー(°□°#)ーッ!!X50
オーラから桐彦の怨念が具現化される
花鈴ちゃんは、和音くんをはじめ、自分の周りにいる人たちを守りたいとミッチーの指輪を使ってかみちゃまに変身する

花鈴ちゃん:アイアムゴーーッド!!
頭:クラウン・髪の毛は前サイドを残して上にとめてある
体:黄色リボンを施して純白なエレガント系前だけはひざ上丈で後はロング。
ゴージャスな?ロッドを右手に持っている。
聖母マリアスタイルか
ちょっと待ってミッチーの指輪って、確かゼウスの力を封印する力が秘められたもので、神化は出来ないはずなのに
 花鈴ちゃんの神化の光に浴びられて苦しむキリオに引き替え、和音くんとミッチーの傷は完全に癒すラストエリクサー
 ミッチーの指輪の力で花鈴ちゃんは、和音くんの力をパワーアップさせる一方、2人のヒメカちゃんは、1人で歩き出そうと心の中で祈る

和音くん:花鈴、初めて会ったとき、オレが行ったこと覚えているか?
花鈴ちゃん:一目会えてよかったって・・・
和音くん:お前と会えてよかった!
花鈴ちゃんに感謝の言葉を返す和音くん。
ゼウスの指輪が光だし、雄たけびと剣を上にかざして、桐彦の怨念が再び姿を現す

花鈴ちゃん:守りたい気持ちが強さになり、強さが力になる!


和音くん:お前みたいな力だけを求めて強さなんかに負けるわけねえ! 
ウォー(°□°)ーッ!!X50
キリオと和音くんが最後の決着と激突するそんな時桐彦の怨念に本来の人格(キリオ)が姿を現し、桐彦を食い止める
キリオの人格が現れたきっかけってなんだろう

花鈴ちゃん:幻メガネっ子!
キリオ:幻メガネっ子ではない! 烏丸 キリオだ! (`□´#)!!X50
見事にぶち壊してくれました (^O^)X50


キリオ:九条、指輪を狙え~! 

ウォ<<(°□°)ーッ!!
 和音くんはそのまま自分のロッドでゼウスの指輪破壊に成功した同時に和音くんの指輪も壊れてた光のもずくに包み込まれる


 あの戦いから2週間後、2人のヒメカは、本で記されたとおり、消滅することなく元気に過ごしている。えーと霧火はもうすでにいなくって・・・
な、なななんでか、生きてるどういうこっちゃー
霧火が気づいたときには家の中で倒れてたんだって・・・

霧火:父さんももちろんそうだけど、ボクらも人間に似つかわしくないほどの力なんて
   持つものじゃないのかもしれない 大きすぎる力なんて、バランスを欠いて不幸に
   なるだけなのにどうして人は力を欲しがるんだろうね
花鈴ちゃんたちが持っている指輪は、全てなくなっていた。この方が、より平凡な日々で送れてたのかもしれない。
 花鈴ちゃんのクラスで、和音―ズが和音くんの席の前でないていた。
和音ーズ1:九条くんのいない学校なんて・・・
和音ーズ2:わさび抜きのお寿司みたい
和音ーズ3:刺激がないわ
和音ーズ4:早く帰ってきて!
和音ーズ一同:九条くん!! (TOT)!!X100
そう、和音くんはあの戦い以来消息を絶ったままだった
和音くんがいないことで花鈴ちゃんの心にぽっかりと空いていた。


 放課後、花鈴ちゃんは木の上から落ちたキリオを見て・・・

花鈴ちゃん:木登りメガネっ子パート2! L(°□°;)」!!
キリオ:木登りメガネっ子以下略ではない! イテテ・・・烏丸 キリオだ! (`□´#)!!
キリオは、花鈴ちゃん達の様子を見るとき木の上から観察していたクセが残っていたからと。戦いが終わったのにと怪訝な顔をする花鈴ちゃん。

キリオ:九条とは決着つけたい 戻ったら、ハンコ押しで勝負だと伝えてくれ
と言い残しこの場を去る。
ハンコ押しって、生徒会の雑用を手伝ってくれと言ってるように聞こえるよ。あっ、2人の負けず嫌いの性格があるんだから、早く片付くかあ~いいアイディアだねキリオキリオの背中を見た花鈴ちゃんは・・・

花鈴ちゃん:ありがとうメガネっ子


<ED>
歌いだし変更とその後のみんなを紹介
・家の窓から和音くんの帰りを待っている花鈴ちゃん。
・台所で、お茶だしするキューちゃんとニャケ
ニャケいつの間に・・・この回で出番がなく役立たず
・花鈴ちゃんと姫香ちゃんとミッチー3人で楽しくおしゃべり
・花鈴ちゃんはミッチーを送りに夜道を歩く。そして、ミッチーの新たなる旅立ちで涙を流す。
・神社でキリオと妃路ちゃんがお祈りしに。妃路ちゃんがキリオと同じ学校へ通う事に
・花鈴ちゃんが和音くんとデートしたときのコースを1人で歩く
・地下の書斎を見て和音くんの面影を感じる花鈴ちゃん
・花鈴ちゃんと姫香ちゃんは寝巻きに着替えて各自の部屋へ・・・花鈴ちゃんは窓から夜空を眺める
小さくてよく見えなかった。せめて、半分でも拡大してくれればありたがいなあ・・・


<ED後>
夕暮れ花鈴ちゃんは、しーちゃんの墓に花を添える。和音くんと始めてであった場所でもある。秋祭りで取ってもらった兎のマスコット(赤)をを見て、和音くんを今でも想い続けていた。泣きそうになったとき・・・

『何してるんだ?』

花鈴ちゃん:あの時と同じ・・・
振り返ると、神化した姿の和音くんだった
和音くん、指輪なしでも神化できたの和音くん:よく頑張ったな、花鈴
和音くんにまた会えて嬉しかったと駆け出す。和音くんの周りには、2人の神化と鈴音くんがいる。時空から花鈴ちゃんを向かいに来たとか
風景が第1話のときの風景や花鈴ちゃんが着ている物がOP最後の衣装へと変わる。
花鈴ちゃん:これから先、どんな出来事が待っているんだろう?
こうして、第1話の冒頭に戻り、花鈴ちゃんは、公園の噴水まで和音くんたちと同行する


脚本:柿原 優子 演出:森田 稔 絵コンテ:安濃 高志 
作画監督:こかい ゆうじ、臼田 美夫、柳 昇希、石橋 有希子、野口 孝行、篠原 健二


 最終回なのに、作画は雑だわ、謎が残ったまま終わりにしてしまうのが本当に残念。キリオとの戦闘シーン前半、無駄があった。和音くんに集中攻撃してるし、花鈴ちゃんの立場ってなんだったのか。疑問点は青字で書いたほかにいくつかあげてみた。

1霧火がゼウスの指輪に操られたとき、どうやって正気に戻ったか(第16・17話)
2キューちゃんと和佐は和音くんが九条教授(和人)のクローン人間であるのは初めから知っ  ていたのでは
3鈴音くんの母親はどうしているのか また、秋祭りのとき鈴音くんの父親らしき人(和音くん  のそっくりさん)の本名は(第22話)
4妃路ちゃんの部屋に飾ってある右手の置物はいったいなんだったんだろう
5九条教授の思念を形そっくりの人間に烏丸教授(桐彦)の思念をゼウスの指輪に移植する
 ときどっから考えても1人では不可能のような気が・・・(第24・25話)
6九条教授の思念なら、和音くんは、九条教授が書いた本を見なくても2人のヒメカちゃんを
 簡単に助け出す事が出来たのでは
以上で私が疑問に思うことはここまで。感動ってより、意味不明な話でまとまった感じだった。


<総評>
アニメ版かみちゃまかりんは、原作版かみちゃまかりんとかみちゃまchuをミックスしたもの
私自身、原作版を見たことななかったが、かみちゃまかりんchuの裏表紙(なかよしコミックス)見る限りでは、未来からの使者が悲しい未来を変えるようにと3人の神化+花鈴ちゃんが立ち上がる話。という事は1話の冒頭に出てきたのは、chuのときのメンバーだと分かった。
 目的も花鈴ちゃんの指輪奪取→ミッチーの指輪奪取→花鈴ちゃん・和音くんの指輪破壊と転々。本当の黒幕は、キリオではなく神化研究に没頭している2人の教授だったと。
こんじゃ、子供が理解できないのも、幼児雑誌掲載・玩具化しないのも無理もないね。指輪の謎中心にするなら、無印だけで十分だと思う。だって、鈴音くんは事実上何も役に立ってないし、chuからのメンバーが出る幕、初めからなかったんじゃ
 ホームページを見てみたが、各シナリオが2・3行で終わってるし、更新内容の大半は、DVD発売しか掲載されてない。
 逆に面白かったとこは・・・
1花鈴ちゃんが作った料理
2キリオのお馬鹿な行動
3花鈴ちゃんたちの毎回違うコスチューム
原作版かみちゃまかりんを読んだら、のちほど公開させていただきます。


<しるばにあのコメント>
 最終回は、よく分からない部分が多いです。
(1)指輪を全部壊してキリオは、何がしたかったのか?
(2)和音くんと花鈴はほんとうに夫婦だったのか?また姫香は、この2人の間の子供だったのか?
(3)一度死んだはずのみちるが蘇ったのはなぜ?
(4)和音とまた会えたというこのシーンの説明は?
(5)このアニメのターゲット(年齢層)の位置付け
いかにも謎のままでなんとも説明不足で終了してしまうのはちょっと残念です。
全体を通して、このアニメのポイントとしては
(1)かりんと和音のコスプレ
(2)キリオのアホぶり
(3)姫香のしゃベりっぷり
ということになります。これ以外にはストーリー性があまり乏しくよく分からないです。


<番外編>
しゅごキャラ!の宣伝観賞して
他の新番組より1ヶ月早く放送されたが、かみちゃまかりんの名誉挽回
もし、要注目作品なら、ガンダム00や獣神演武など人気アニメも放送してもおかしくないはず
 こんな意気込みで、本当に視聴率が取れるのでしょうか。ちなみにかみちゃまかりんの視聴率は、その後の時間のきらりん☆レボリューションの視聴率の1/2でした
 逮捕しちゃうぞの放送開始宣伝見てください、2人の婦警がいきこみを語って、視聴者に見させる力発揮してる。まさに月とスッポンだよ
 しゅごキャラ!見る人の大半は、主題歌目当てみたい
11月下旬よりタカラトミーからグッズ出す動きが目立てる。ストーリーは原作版ではプリキュア5と同じ要領。アニメ版も原作どおりになるかも
 私の場合は、この作品の重点をキャラクター、ストーリーというよりアニメスタッフのやる気しるばにあさんも見るそうです。

コメントするかどうかは、第1話放送終了次第、決めさせていただきます

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • ゆりな

    ついにかみちゃまかりんも最終回です。あのぉ…感動はしたけどちょっと意味がわからなかった(-_-)/~~~ピシー!ピシー!でも花鈴ちゃんが本格的に戦って
    いたのがカッコよかった(;O;)和音君はボロボロでしたね( 一一)でも戦いが終わる場面ぐらいがすごくかっこよかった§^。^§でも私、最終回見てる時手がものすごく冷たくて心臓がバクバクしてたよ~((+_+))あとオープニングテーマのあの暗黒天国の最後らへんに映る絵の写真がいつもは破れてて見れなかったのに最終回だけは全部うつってた~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/以上です!
    2008年10月27日 21:29
  • しるばにあ秘書

    ゆりな様
    コメントいただきありがとうございます。
    >感動はしたけどちょっと意味がわからなかった
     多くの謎(和人&桐彦による神化研究の因果関係と指輪との因果関係など)を終わってしまったのが本当にがっかりした
    >花鈴ちゃんが本格的に戦っていたのがカッコよかった
     花鈴ちゃんが2人のヒメカや和音くんたちのために全身全霊で桐彦に挑んだのが健気ですね
    >オープニングテーマのあの暗黒天国の最後らへんに映る絵の写真がいつもは破れてて見れなかったのに最終回だけは全部うつってた
     見てくれた視聴者に感謝をこめて、公開したんじゃないかと・・・
    また、EDにも花鈴ちゃんたちのその後が映ってましたよ(扱い小さいけど) 
    2008年10月28日 17:29

この記事へのトラックバック

  • かみちゃまかりん 第26話「時空の迷い子たち」(最終回)
  • Excerpt: テレビ東京・あにてれ かみちゃまかりん 花鈴は、九条和人の奥さんで本名はすずか、姫香は二人の子どもとのこと。神化の研究を隠した姫香を守るため、和人によって姫香と世代を同じにし、記憶も消した模様。 ..
  • Weblog: パプリカさん家のアニメ亭
  • Tracked: 2007-10-04 16:17
  • かみちゃまかりん 第26話(最終回)
  • Excerpt: 見事ゼウスの指輪を砕くお話でした。 結構謎が多かったですが、とりあえずめでたしのラストということで。 このそこはかとなく漂うアホっぽさが魅力でした(笑)。
  • Weblog: パズライズ日記
  • Tracked: 2007-10-04 17:22
  • かみちゃまかりん #26
  • Excerpt: いよいよこの作品も今回で最終回です。最終回にふさわしく(?)ほとんど全編花鈴たちとゼウスの指輪の力を操る烏丸教授の戦いで見応えがありました。花鈴と和音は、あくまで烏丸教授と...
  • Weblog: 日々の記録 on fc2
  • Tracked: 2007-10-04 17:27
  • ■かみちゃまかりん 第26話「時空の迷い子たち」
  • Excerpt:  いよいよ最終回です。  キリオが一番大切なこと、妃路を護るっていうことを思い出してくれれば、形勢は一気に逆転するのに、なんて思いながら見ていたけれど、それは本
  • Weblog: ゆかねカムパニー2
  • Tracked: 2007-10-05 09:46
  • かみちゃまかりん#26「時空の迷い子たち」
  • Excerpt: 『本番はこれからだ!けりをつけてやる九条~~~~~!!』もうボロボロの和音くんを花鈴ちゃんは守る!!標的になった花鈴ちゃん。指輪が・・・・指輪が・・・・『ほら笑って姫香』あの写真と同じ風景。『たとえ時..
  • Weblog: Sweetパラダイス
  • Tracked: 2007-10-06 00:11
  • かみちゃまかりん 最終話 「時空の迷い子たち」
  • Excerpt: 随分遅くなりましたが感想だけ。一つ前の第25話は録画失敗しました。というわけで第25話と最終話のあらすじはテレビ東京・あにてれ「かみちゃまかりん」のコーナーから掲載のものを引用します。-----以下引..
  • Weblog: からまつそう
  • Tracked: 2007-10-07 15:32
  • かみちゃまかりん #26
  • Excerpt: 「時空の迷い子たち」 前回録画失敗しました。。いいとこなのに。 タイトルにだしーがない! また神化して大丈夫かいカズネ君。 二人で拉致されたのかしら。話し方とか全然違うのね。 やっぱり悪役にと..
  • Weblog: 朔夜の桜
  • Tracked: 2007-10-13 15:25
  • ミルモでポン
  • Excerpt: ちゃおの連載の中に、もう今は連載されてないけど、ミルモでポン というマンガがあって、うちの子はそれを読みながらよくゲラゲラ 笑っていた。 うちの子は、テレビを見ながらでも、マンガを読みながらでも、 ..
  • Weblog: ちゃお
  • Tracked: 2007-11-10 21:13