かみちゃまかりん 第25話ゼウスの指輪の迷宮だしー

 キリオの戦いの中で指輪にまつわる謎が次々と明らかに。ミッチーの指輪が明らかになったもののゼウスの指輪の力でミッチーごと消え去ってしまう。切り札が消えた今、この先どうなる事やら・・・


 ゼウスの指輪の復元で復活したキリオ。その背後にキリオの父親桐彦が取り付いてたキリオはゼウスの指輪の力で空間を作り出すキリオは和音くんに自分の仲間になる気はないかと誘う強大な力を実感した和音くんは太刀打ちできないと花鈴ちゃんを連れて、脱出を計るが、和音くんが考えている事がお見とおしの様で、逃がさないと花鈴ちゃんと和音くん落とし穴を仕掛け、別の次元へ・・・
 花鈴ちゃんたちがたどり着いたとこは、まるで迷路のような建物の中にいた
逃げる途中、キリオは陰から姿を現す和音くんはさっきのキリオの発言に対してきっぱりと断る

キリオ:お前さえ、私に背かなければ、神化研究はとっくに完成していたものを・・・
和音くん:そっちこそ、まだ諦めてなかったとはな!
桐彦の異常な執着心に付き合ってられないと花鈴ちゃんと一緒に逃げる

花鈴ちゃん:和音くん・・・昔のようにとか神化研究だとか別人メガネっ子は何言ってるの?
花鈴ちゃんからの質問に答えず黙ってる和音くん
花鈴ちゃん:和音くんもいろいろ言ってたけど、なんかの間違いだよね?
和音くんが、和音くんの父親の思念・姿をそっくりそのまま写したクローン人間なのかも聞き出すが、やはり黙ったままだった花鈴ちゃんの質問を聞てたのかキリオは、和音くんが、花鈴ちゃんに本当の事を話していないと知る。キリオの話に耳貸さないようにとそっぽむいて逃げる。って場所を使いまわしてるじゃん上から見て左側の橋から折り返して右側の橋へとわたってる
 何も言えない和音くんの代わりキリオが言うのには、かつて、九条教教授と2人で人が神に近づくための神化研究に没頭していた神の力を手に入れる手口が見つかり、それを証明するために九条教授のクローン人間である和音くんと提供者から実験体として{花鈴ちゃんを作り出した%exquesmark%}さらに花鈴ちゃんを九条教授によって、かつての記憶を消し去ったと
キリオの発言に動揺する花鈴ちゃんは、和音くんに問いだす

和音くん:違う・・・守るためだ! 仕方なかったんだ・・・
守るって、和音くん、姫香ちゃんを守るんだったよね別の理由でもあるのでは
 花鈴ちゃんは、キリオの言った事に関連して心当たりを探ってみると、花鈴ちゃんの両親の事は1枚の写真と花鈴ちゃんの母親の形見である指輪(神化後、ペンダントに変化)以外何も知らない
 時計台の鐘の音がなったと同時に迷宮から住宅街へと景色が変わる


 一方、和音くんので花鈴ちゃんたちの帰りを待っている姫香ちゃんは心配して、マンネリ気分に窓の外から和音くんのが帰ってきて、窓を開けてるとすぐに中へ行ってしまう。姫香ちゃんとニャケは、後をつけてみるとは、下にいるキューちゃんのとこに止まり、から和佐に姿を変える。それを見た姫香ちゃんとニャケはビックリ和佐は、キリオので大変な事が起きているとキューちゃんに告げる一部始終聞いた姫香ちゃんは、花鈴ちゃんに何かあると見て武装をする
<姫香ちゃんの装備>
金属なべ兜(ふたを開けてそのままかぶるだけ)
武道の鎧+動きやすいように袖を上にしている
右手木のバット
左手金属なべブタ
普通の靴(緑色のスニーカー)
ひ、姫香ちゃんその格好はちょっと変では・・・
ニャケはキリオのに乗り込むのが危険だと姫香ちゃんを引き止める姫香ちゃんは仕方ないと後ろから何かを出す。それは・・・

猫じゃらし(ボンX2タイプ)ー \(・▽・)
姫香ちゃんはこれでニャケとお戯れ~ニャケ猫じゃらしを見て体が勝手に反応する。隙ありと猫じゃらしを投げ捨て、部屋から出て行く猫じゃらしの誘惑で姫香ちゃんに目を離してしまったと急いで引き止めに行く姫香ちゃんは、また猫じゃらしを出して、ニャケを誘いながら、キリオのへLET´S GОニャケ、あなたは神の力が持っててもやっぱ、普通のだわ姫香ちゃんは、こんな事あろうかと猫じゃらしを数本持っていたとはおそれいったわ


 無人住宅街でキリオから逃げる花鈴ちゃんと和音くん。そんな中、ある研究室で九条教授(和人)と烏丸教授(桐彦)が神化研究の事でもめてたシーンが・・・

桐彦:どういうことだ? 九条! 神化研究を止めるだと?
和人:あぁ・・・ やっぱりこの研究は間違ってるよ、烏丸
桐彦:神になれるんだぞ! オレたちは真の神の力を手にいれられるんだ!指輪の力の超能力
    などお遊びに過ぎない! 真の神になれば、私たちで世界を好きにできる 考えただけで
    ワクX2してくるじゃないか!
和人:もう十分だ 研究の目的は理論上、達成された
桐彦:理論じゃなく、実際の神の力が必要なんだ! それで世界を変えてみせる!
和人:悪いな・・・烏丸、オレの研究内容は渡せない
九条教授の発言に納得いかず、桐彦は研究データを手に入れる手段に決意を固める 九条教授が書いた神化研究内容って一体なんだろうまた、九条教授は、どうして研究を止めるようになったのかな
 それ以来、九条教授は、自分の研究データを姫香ちゃんに移し、姫香ちゃんを守るため、神化の指輪を作った
現実に戻り、和音くんに手を引っ張られる花鈴ちゃんは・・・

花鈴ちゃん:和音くんは何も言ってくれないけど、きっとメガネっ子の言っている事は全部本当       なんだ! クローンだとか研究だとか難しくて全部は理解しきれない だけど一つ
       だけはっきり分かるのは・・・
       何も話してくれない和音くんがムカツクってこと
       (`△´#)!!X20
花鈴ちゃんは、和音くんが、神化研究のことでキリオから目をそらしているのを見て、キリオが言っていることが本当だと確信する花鈴ちゃんの怒りが頂点に・・・
キリオがドアから出てきて姫香ちゃんの居場所を聞きつけるが、和音くんに断られてならばと、戦闘モードに構える和音くんは、花鈴ちゃんにこの場から逃げるように促すが・・・

花鈴ちゃん:何よ! 私、すっごく怒ってるんだから! (`□´#)!!X30
何のことかと怪訝な表情をする和音くん
花鈴ちゃん:和音くん・・・メガネっ子が言っていること全部知ってたんだ! 知ってて、教えて
       くれなかったなんてひどいよ! (><)
自分に話してくれない和音くんに八つ当たりする
花鈴ちゃん:仲間だって思ってたのに・・・信じてくれるって思ったのに、大事な事は何も話して       くれない! 和音くんにとって、私なんてその程度の存在だったんだ! (><)X20
和音くんはそれを否定し様としますが・・・

花鈴ちゃん:和音くんなんてX2・・・ 大っ嫌い!! ビエー(><)ーン!!

花鈴ちゃんの涙が地に落ち、別の空間にそのまま落とされしまった和音くんは、花鈴ちゃんを呼びますが、花鈴ちゃんが落ちてすぐ、閉じてしまう


 姫香ちゃんは、キリオのにたどり着く。ニャケは、猫じゃらしでじゃれたままだった。
その様子をゼウスの指輪で見たキリオは業を煮やす姫香ちゃんは、玄関に入ると大きな壁画を目にする。そこで妃路ちゃんとばったり会うお互いの顔を見た2人のヒメカは夢に出てきた人だと分かる妃路ちゃんは、キリオから姫香ちゃんをもう1人の自分だと告げる。2人のヒメカが会えたことでそれぞれに光の文字が現れる2つのペンダントが揺れながら、過去にさかのぼる

幼い姫香ちゃんに隠されている神化研究データをゼウスの指輪の力で奪い取ろうと桐彦は指輪を発動させる姫香ちゃんと共鳴し、姫香ちゃんは宙に浮く時計台の音とともに月が割れるように、妃路ちゃんを誕生させ、姫香ちゃんと真っ二つに割れるデータに移し変える途中で後から九条教授に制止され、ゼウスの指輪が桐彦の手から離れ、遥か遠くへ飛んでいってしまった
 姫香ちゃんの脳裏からあのときの出来事を完全に思い出し、妃路ちゃんと口をそろえて・・・

ヒメカ:あなたは・・・半分の私・・・


 住宅街から荒廃した街へと景色が変わる
 キリオは、2人のヒメカにそれぞれデータを得てしまったことに悔やむが、花鈴ちゃんと和音くんの指輪を壊せば、姫香ちゃんを消滅し、我が物にしようと妃路ちゃんに神化研究データを移そうと企む
 このときにミッチーが持っている指輪の意味を解読

月が満ちるとき、神の封印が解かれる・・・
=2人のヒメカが1人になるとき、神化研究の暗号が解かれる・・・


 別の空間に飛ばされた花鈴ちゃんは、和音くんを探しに適当にドアを開ける。大嫌いだと言いながら、和音くんがいないと心細く感じる。和音くんのことを考えながら別のドアを開けてみると偶然和音くんがキリオと対峙しているとこを見かける。和音くんが神化したら、体が持たないと花鈴ちゃんは、やめてと大声で引き止める花鈴ちゃんの一声で戸惑う和音くんですが・・・

キリオ:どうした九条? 神化用に作られたクローンのクセに、神化することもままならないとは
    ハハハ・・・ (・▽・)!!X20
高笑いするキリオの挑発に腹立つ
キリオが先に攻撃を仕掛けるゼウスの指輪で赤い球を作り、和音くんに放つそれをすかさずよける和音くんは、弓を構えて光の矢でキリオを射る
しかし、キリオの攻撃にかき消され、そのまま和音くんに襲い掛かる今の和音くんはよけるので精一杯だったが、3発目で直撃されるキリオの攻撃で傷付けていく和音くんを見かねなくなった花鈴ちゃんは、階段を下りる。和音くんはダメージを受けて、全く動けない。キリオの攻撃が、格段と強くなっていると実感し苦戦する和音くんを一気にしとめようと光を放つこのままやられてしまうと思ったとこニャケが盾に変身して攻撃を防ぐ何とか防いだものの重傷を負うニャケ
 ニャケから姫香ちゃんが来て、妃路ちゃんと会ったとたん2人の姿が消えてしまったと聞かされた和音くんは、自分が姫香ちゃんを救い出すから、花鈴ちゃんと一緒に逃げるようにニャケ言う。ニャケは、分かったとに戻ってこの場から離れた妃路ちゃんが消えたと聞いたキリオの口元には、歯を食いしばる
 和音くんは立ち上がり、このままの姿では勝てないと神化する

和音くん:エゴス・ムテウス!
神化した和音くんと対戦できると大歓迎するキリオ
 ニャケは、和音くんの元へ駆けつける花鈴ちゃんを止めるが、無視される
ホントに役たずね
花鈴ちゃんは和音くんの元にたどり着くが・・・

和音くん:花鈴! お前は行け! オレはコイツを倒して、姫香を守るから
花鈴ちゃん:でも!?
和音くん:いぃ加減しろ! 足手まといなんだよお前がいたら! さっさと行けって言ってんだろ!
      ゴチャX2言ってんじゃねえ! 
和音くんは、強気で言ってるが、途中斜め下うつむきっ放しなんですけど・・・これってもしや
和音くんの任せると言った影響で景色が迷路に変わり、和音くんと離れ離れに・・・その間際、

和音くん:花鈴・・・ゴメンな 今まで・・・
和音くんの弱音に引っかかってた
 景色は迷路から荒廃した街に戻り、和音くんはキリオと対決


 迷宮で花鈴ちゃんは、ニャケと一緒に脱出しようと出口を探す。やはり、和音くんのことが気がかりだ和音くんとの思い出が走馬灯のように蘇る
・シーちゃんの墓で和音くんとであったとき ※第1話を参照
・歩道橋で夕陽を眺める和音くんに楽しかったと言われたとき ※第13話を参照
・コンクール前日、地下の書斎で和音くんに抱きしめられたとき ※第18話を参照
・台所で暗闇の中、酔った和音くんに唇を奪われたとき ※第20・21話を参照

花鈴ちゃん:性格悪くて、最低で でもだんX2悪い人じゃないって分かって・・・ 本当は私が
       誰だとか、和音くんが九条教授だとか、そんなの関係なくて和音くんは、
       和音くんで 私は安須音くんのことを大切に思ってて・・・
離れ離れになる前、和音くんの斜め下うつむいているところを姫香ちゃんの発言から『ウソつくときの和音ちゃんのクセ』 と気づく。強がっているように見えるが、本当は力を貸して欲しいと
和音くんをやっぱり放って置けないと反対方向へ行く

花鈴ちゃん:やっと分かった・・・ 大事な事を話してくれないとか、信じてないとかそんなこと
        どうでもいい・・・ 私はもう二度と離れたくない!
和音くんの大きな名存在に気づいた花鈴ちゃんは、光の入り口を入ろうと

花鈴ちゃん:お願いどうかもう一度、私を和音くんのとこへ連れて行って!
花鈴ちゃんの願いに応えて入り込む、後から追いかけるニャケは、入り込めず壁に当たったように激突するやっぱ役たず


 和音くんがキリオと激戦する中、空から花鈴ちゃんが降って来た

花鈴ちゃん:良かった!! また会えた~! (*^о^*)X20
と和音くんと再会できたと喜ぶ花鈴ちゃんに和音くんは・・・
和音くん:何で戻ってきたんだ!? アホ!! (`皿´#)!!X20
花鈴ちゃん:うぅ・・・だってぇ~! о(T△T)о
和音くん:・・・ったく、お前ってヤツはいっつもムチャしやがって! 心配かけやがって! 
     (`□´#)!!X40
花鈴ちゃんが戻ってきた事に余計なお世話だと罵るいつまでも泣き止まない花鈴ちゃんに腹立ち
和音くん:カァー! もう本気でムッカツク (`皿´#)!!X50
いつもの和音くんだと嬉しく思った花鈴ちゃんは

花鈴ちゃん:ゴメンね 大嫌いだなんて言って・・・難しい事はどうだっていい 
       私にとって和音くんは大切な存在 それだけで十分・・・

和音くんに正直な気持ちを伝える花鈴ちゃん。
和音くん:ありがとう
和音くんは花鈴ちゃんの想いをしっかり受け止める

キリオ:やはり戻ってきたな! 2人まとめて片付けてやろう・・・ 全知全能の神・・・
    このゼウスの指輪でな!
全知全能の神と聞いて和音くんはふっと思いつく・・・
キリオからの攻撃をかわし、がけに隠れる花鈴ちゃんと和音くん
和音くんはこう解読する
一双の月を司るは木星の環
=木星はギリシャ神話で全知全能の神ゼウスを指す

破りて、金色の光を取り戻すべし
=ゼウスの指輪を壊して2人のヒメカに光が戻る
和音くんの解読に納得した花鈴ちゃんは、キリオが持っている指輪を破壊して2人のヒメカちゃんが救えると和音くんとともに突進する
 キリオの指輪を破壊しに攻撃する花鈴ちゃん&和音くんと2人の指輪を破壊して倒すキリオとの最終決戦へ・・・


脚本:柿原 優子 演出:小野田 雄亮 絵コンテ:山崎 茂 作画監督:こかい ゆうじ


 桐彦(烏丸教授)と和人(九条教授)との過去が明らかになった。2人は、人が神に近づくため、神化研究に没頭してたが、何らかの事情により九条教授はこの研究を中止すると言い出す。それに対して烏丸教授は、どうしても神化研究を続けて欲しいと訴えるが、聞いてもらえず、自分ひとりで神の力を得ようと研究データを盗み出そうと企む。神の力絵の貪欲と顔立ちはキリオにそっくり少なからずドジではないですね (^о^)。耳元にドクロピアスしてますし・・・
 一方の九条教授は、髪の毛の色が黒くても顔立ち仕草ともに和音くんにそっくり神化研究を止めた理由は、もし、神化の研究結果が世間に公表したら、烏丸教授のような神の力の欲しさに取り付かれ、最悪争いに巻き込まれるからだと予測します九条教授が作成した研究データを暗号化し、幼い姫香ちゃんに仕込んだり、提供者から実験体である花鈴ちゃんを作り出し、以前の記憶を消したりと罪作りなことをしてくれましたね。提供者は一体ダレなのかしらまた、研究データには和音くん&花鈴ちゃんに関係しているかと思われます。
 結果、烏丸教授が自分で作ったゼウスの指輪で研究データを姫香ちゃんから妃路ちゃんに転送したが、その途中で九条教授に阻止されたため。2人のヒメカちゃんにそれぞれデータを真っ二つに分かれたしまった。何も罪もない姫香ちゃんは、ゼウスの指輪の力によって、妃路ちゃんと真っ二つに分かれ、悲劇が始まったそれ以降、2人の教授は決裂して
それぞれのヒメカを守るために指輪を作った10数年後に花鈴ちゃん、和音くん、キリオ、霧火そして2人のヒメカちゃんと知らないもの同士のはずだったが、導かれるように集結するとは不思議です
 後気になるとこと言えば、和佐とキューちゃん。和音くんの家に住んでいるが、以前九条教授と接触した節があるかに見えます。
 花鈴ちゃんが何にも言ってくれない和音くんにイラついて、一時は離れたものの和音くんの存在の大きさと斜め下にうつむいたまま言っていることから、和音くんへの想いに気づき、和音くんの手助けするため、キリオと戦う事を決意例え和音くんが、九条教授のクローンだと分かってても和音くんのままだという花鈴ちゃんの健気さはすごいわ花鈴ちゃんの想いを聞かされた和音くんは怒ってるように見えますが、心の中では嬉しそうだった。和音くんって、不器用で照れ屋さん
 キリオとの決戦は最終へ・・・
2人のヒメカちゃんは何処へ


次回第26話時空の迷い子
 ニャケ語がないどういうこと
花鈴ちゃん1人でキリオと対決する妃路ちゃんの居場所は確認できたが、
姫香ちゃんはどこにいるんだ
 まだ解明されていない謎がたくさんあるが、この回で本当に収まるかチョー不安・・・
中途半端で終わりそうな予感しますけどね・・・


 




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • かみちゃまかりん 第25話
  • Excerpt: 2人のヒメカが出会ってしまうお話でした。 和音や花鈴の謎も次々と明らかになって面白かったです。 花鈴が九条教授に繋がっていた理由も納得。 神化研究、人が神に近付くための研究とは、結構あるとは..
  • Weblog: パズライズ日記
  • Tracked: 2007-09-26 09:55
  • かみちゃまかりん #25
  • Excerpt: ゼウスの指輪の力で、異空間に閉じこめられてしまった花鈴と和音。それを助けるために、姫香とニャケが烏丸の屋敷に向かうのでした。今回は、これまでの謎が次々と解き明かされました...
  • Weblog: 日々の記録 on fc2
  • Tracked: 2007-09-26 09:59
  • かみちゃまかりん 第25話「ゼウスの指輪の迷宮だしー」
  • Excerpt: テレビ東京・あにてれ かみちゃまかりん 浴衣を着たままなので、逃げて走っていると体が上下に小刻みに揺れるのが、妙に面白かった今回。錦織が消されてしまい、黒の指輪の力には、まともに対抗できないらしく、..
  • Weblog: パプリカさん家のアニメ亭
  • Tracked: 2007-09-26 10:01
  • かみちゃまかりん 2007/09/22~09/28
  • Excerpt: かみちゃまかりんに関する最近の情報です。
  • Weblog: (メモ的)話題の動画・情報収集ブログ 第一倉庫 最新キーワード
  • Tracked: 2007-09-28 18:57